素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


小説

スクリーン・アウト

近頃、というか本当はずっと前からなのですが、児童文学やヤングアダルトに魅かれています。僕が本に求めているのは感動を伴うエンタテインメントであり、たとえば最近芥川賞をとった西村賢太などは純然たる私小説とかなんとか評判ですが、そういう小難しい…

有限と微小のパン/森博嗣

ついにS&M読破!それにしても分厚すぎ。読み終えるまで2週間くらいかかりましたが、とても面白かったです。全てを棚上げにして終わるのが流石ですね。ある意味衝撃のラストだった…そういえば、あの時結構細かい説明で登場したあの人。何故登場人物に記されて…

数寄にして模型/森博嗣

久々に小説を読みました。電車に乗っている間だけ読むことにしていたので、読了まで1週間以上かかりましたが、とても面白い小説だった。暫くS&M読んでなかったからついていけるか心配だったけど、すぐにあのノリに入り込めて今回も衝撃と笑いの連続という感…

地球儀のスライス/森博嗣

短編集。例によってS&Mの番外編が2作収録されています。まぁ、そこそこ楽しめる。諏訪野イカすぜ笑。 他の短編が今回とても優れています。まど消よりいいです。「片方のピアス」はかなりよかった。地球儀のスライス A SLICE OF TERRESTRIAL GLOBE (講談社文…

夏のレプリカ/森博嗣

久しぶりに小説読めました。相変わらず面白かったなー。今回は睦子おばさまが終始ぶっとばす。諏訪野の「すっかり失念しておりました」は爆笑でした。兄貴が既にいない人なんじゃないかってことは何となく想像ついたけど、まさか犯人までとは考えなかった…赤…

虹色がくすむとき

鈍感ではいたくないなと思う。 でも人の心なんて解んないんだ。 今はもうない (講談社文庫)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2001/03/15メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 40回この商品を含むブログ (159件) を見る 「S&Mシリーズナンバーワン」…

邂逅

夜勤明けで無理矢理3時間寝て、午後から友達と昼飯。大学に入って寮に引っ越した奴で、急遽こっちに戻ってきていたので何としても会おう!という妙な盛り上がりの中1時間の再会。僅かながら、こういう所謂くされ縁の奴と喋ってると自分の中に幾つか設置されて…

レンタル落ちは二度と買わない

オヌルン、ハングゲ シホネッダ.とか今更言ってももう手遅れ。いいやもう…月曜で挽回だ! ナ・バ・テア作者: 森博嗣出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2004/06/01メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 84回この商品を含むブログ (312件) を見る 現実逃…

数年後には赤っ恥

Mステつまんなかった。22時からバイト。カエルの大量発生。仕事が山積み。そんな一日。 人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/11/15メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブロ…

茶筒チャツネちょっちゅね

夜勤明け。ってこの書き出し何度目だろう…時給下げられてもいい。絶対バイト減らす。 しかし面白い内容のおかげでモチベーション高く授業に出席できた。英語に触れてると自分のコンセントレーションが溢れるのが解る。 昼食は野外にて友人たちと。基礎演の仲…

幻惑の死と使途/森博嗣

今回の目玉としては、遂に萌絵が犀川を出し抜いた! …と思いきや、結局犀川が最後にすべて持っていきました。やっぱりね。今回、準レギュラーとも呼べる脇役が細かく描かれているのが楽しめる。それから毎回驚かされる森独特の言説は、犀川の台詞として描か…

SILVA's Silver Sealbar

今日の授業は内職しかしなかった。雨も降らなかったし結果オーライ(どこが)。 まどろみ消去 (講談社文庫)作者: 森博嗣,山田章博出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/07/14メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 46回この商品を含むブログ (80件) を見る 「S&M…

Cinderella Umbrella

今日は外に出なかったので一日中宿題・レポート・その他雑務に充てる事が出来た。同時に菓子を食ってしまうのがいけないが。お菓子とかスイーツは縁があって近頃ホントよく食すようになった。前は甘いもの苦手だったのだが。最近のヒットはよく行くとこで売…

詩的私的ジャック/森博嗣

詩的私的ジャック (講談社文庫)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/11/12メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 26回この商品を含むブログ (181件) を見る S&Mにしては珍しく、ひとつの話の中で時間が随分経つ事件。今回もところどころに笑える会…

笑わない数学者/森博嗣

オリオン像のトリックはすぐに解った。三ッ星館の間取りがいかにもすぎるし。でも森さんとしては「誰でもトリックに気付く」ことを狙っていたそうで。随所で犀川と萌絵の関係にやたら焦点が当たるようになるのが面白い。こういう歩みのトロさはシリーズモノ…

十年先に残すもの

亀田の試合面白くない。KIDもそうだったけど「速い」試合は好きじゃない。大体放送する側もどうかしてるよ。数字のためとはいえ何故2時間も割かなきゃいけないのか甚だ疑問。 スカイ・クロラ作者: 森博嗣出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2001/06/01メ…

冷たい密室と博士たち/森博嗣

S&Mを最初から全部読もうと思っているところ。まだ2作目ですorz これは解り易いと思う。最初に読んだ時、喜多が登場したおかげですごく「物語」として入り込めたところがある。Fを読んで気になって、これを読んで思いっきりハマった感じ。読書好きな人なら単…

カシミールへようこそ

授業がとても面白い。今までの自分が身につけてきた上っ面の知識を全て覆されるような、目から鱗の話が聞ける。もともとこの教授の下で勉強したい気持ちがあって選んだ大学なので、こういう授業があると2時間半かけていく意味が見出せる。同じ日にくそつま…

すべてがFになる

森博嗣のと呼ばれる1作目。 読んだこともないオープニング、随所に登場する言説の秀逸さ、情景と思想が交互に混ざる絶妙な間、専門的な興味の広がり。荒唐無稽な感もあるが、コンピュータの世界に置き換えられると何も文句が言えない。 この人の小説は、「当…

日産豊田本田技研

久々の学校で本当に疲れた。何せ色んな人と口を利かなきゃいけないのが辛い。でもウザい奴とももうすぐお別れだ!と思うと気が楽なところもあったのだが。 もう暫く学校には用事がある。遠いんだよ大体が。チャリ通がよかったーなんて今更言ってももう遅い。…