素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


映画

Free! -Timeless Medley-絆 [感想文]

やっぱり観てきました。もともと総集編とか完全版という焼き直しモノに興味がなく、既に殆どの劇場で公開終了していたこともあり、「別にいいか」モードでいたんですよ。だけどハイスピ記録会(両国でやったやつ)のダイジェスト映像を観てから、なんか行かな…

同級生

この日を待っていましたよ。朝イチで観てきました。いや、今日逃すと1ヶ月くらいは観られないと思って強引にねじこんだのですけれど。 同級生の映画です! そもそもドラマCDとか全く興味ない人間なので、佐条と草壁の声を聴くのははじめてでした。そこにつ…

ハイ☆スピード! -Free! Starting Days-

なんと10年ぶりの映画館!空港みたいでびっくりしました。すっかり文明に取り残されてる感じで居心地悪かったですが…。そんなコンプレックスを乗り越えて行ってきたのはハイスピです。どうしてもスクリーンで観たかった!前売は買ってたんですが、やっと観に…

カードキャプターさくら 封印されたカード

ずっと観たかった作品。カードキャプターさくら大好きでした。ちょうど自分も小6だったし。 まさにこれを観ないとさくらは完結しないと言わんばかりの内容。テレビアニメで良かった部分は全て活かされていたように感じます。小狼への想いを自覚しているだけ…

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

劇場版コナンは4作目までしか見ていませんが、全作で括ってもこれを超える作品は出ないと確信しています。服部や灰原すら出ていないにもかかわらず、しっかり詰め込まれた事件やキャラクタ、スピーディな展開、新一と蘭との絆、初期にしか見られない小気味良…

オーロラの彼方へ

調子乗ってまた映画見ちゃいました。といってもこれは何度も見ているのだが。いつ見ても面白い。こういうのを「丁寧な」映画というのではないか。ラストのアクションもドツボ。オーロラの彼方へ [DVD]出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ発売日: 2001/07/21メ…

ドリームシップ

俺にしては珍しくドイツ映画。試写会に誘われたので映画の予備知識は殆どないまま行って来た。所謂パロディ映画ってやつで、映画に詳しければ詳しいほど笑えるって寸法なのが個人的に気に入らないのだが(笑)有名な映画ばかりだったので俺でも判った。まぁど…

EXECUTIVE DECISION

授業の教材で使われて、何気なく見てたら「ハル・ベリーが出てるじゃねぇか!」と気付いて、放課後に図書館にてDVDを鑑賞。多分B級映画の部類でしょう。でも俺は楽しめた。結末は見えてても、ただハラハラさせるハイジャックものとはやや違うスパイスが細部に…

銀のエンゼル

久々に映画も観た。何だ元気じゃねーかというツッコミは敢えて避けます。これは風邪ひいてるときにちょうどいい映画だった。時間の流れを忘れるような心の安らぐ風景と、小日向文世、大泉さん、西島ら味のある出演者。鈴井さんの映画らしさを踏襲しつつ一般…

SWORDFISH

洋画が観たくて何本か借りてきた。これはずーっとみたかった映画のひとつ。 結論から言うとかなりいい。というか凄い。訳も分からないまま唐突に始まるオープニングなのだが、たった数分で一気に引き込まれた。 それぞれの一言ひとことが全て伏線になってて…

暇人の鑑賞

昨日よりさらに今更感漂う映画を観た。「ホテルビーナス」。観てそうで観てないものってどんどん出てきますね1時間もTSUTAYAにいると(暇人)。 「YAMATO」とは対極の位置にあるようなイメージだがさてどうか? 感想から言うととてもよかった。自分の趣味嗜…

チャリで映画館に行ける歓び

今更ながら「男たちの大和 YAMATO」を観てきた。 戦争映画なわけであるが、テーマがきちんと絞られていたのがよかった。この手のスケール大な映画は概して、どうでもいいエピソードが混ざったりするものなのだが、そういうものは全くなかったと思う。後半大…