素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ご多分に漏れず

 当初俺は、1-1の分けだろうと予想してました。実際にゲームをフル見たわけではないが、そういうひっぱりが豪のやり方だと感じていたし、日本も1点は入れてくれるはずだという期待を込めて。非常にポジティブな考えでいけば1-0で勝てるいや勝て、と。
 まぁ結果はいうまでもないです。
 敗因は間違いなく、監督の采配っていうか、器の違い。今回自宅で友達2人とともに観戦してたのだが、俺は「ざけんなくそじじい!てめぇいい加減日本語覚えろってんだ!!」とTVに向かって憤慨してました。先手必勝とはまさにこの事だろう。ヒディンクのやり方に迎合した交替をした時点で、勝敗は決まっていた。
 選手では、俊輔は動きがかなり良かった。何回もうまいこと攻撃を立て直してた。前半最悪だったDF陣も、後半はいい仕事してたと思うし。やっぱ坪井の負傷から雲行きが怪しくなったかな。終盤の福西のシュートは是が非でも決めて欲しかった。ダメだった人については何もいいません。言いたくないけど、がっかりなゲームでした。何がって、これで日本人は「また4年後」と思いきり押し付けられたようなもんだなってこと。
 それにしても、噂以上に豪は面白いチームだった。目立ってたのは数人だが、いい関係が出来てるね。ケネディは全く使えないけれど。
 井原の解説は「解説」って感じがして好き。多少実況入ってるけどなw