素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


茶筒チャツネちょっちゅね

 夜勤明け。ってこの書き出し何度目だろう…時給下げられてもいい。絶対バイト減らす。
 しかし面白い内容のおかげでモチベーション高く授業に出席できた。英語に触れてると自分のコンセントレーションが溢れるのが解る。
 昼食は野外にて友人たちと。基礎演の仲間です。基礎演担当だった助教授の部屋に遊びに行って、サブカルチャーについての激論を交わしてきた。その勢いのまま友達の家に遊びに。気付けばいつもと同じ時間の電車に乗って帰路につくことに…私の睡眠は何処へ…。
 あ、でも乗りつぎ完璧、すぐに座席に座ってうたた寝確保。何か妙に色々とうまくいった1日だった。今日もバイトだぜー。もう少しの辛抱だ。耐えろ、俺の体よ!


黒猫の三角 (講談社ノベルス)

黒猫の三角 (講談社ノベルス)

 やっぱどうしても小説が読みたくて、バイト・学校の合間を縫うようにして読んだのはVシリーズ(夏のレプリカが見つからないのでシリーズ変更)1作目。この奇特すぎる登場人物の名前は何とかならないものかと思ったが、S&M以上に曲者が集まった作品なだけに飽きさせなかった。解決が思った以上に早くて「あれ?」と思っていると、最後にはまんまと森の策略にはまって大ドンデン、といった感じ。相変わらず哲学的言説には唸る。