読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


数寄にして模型/森博嗣

小説

 久々に小説を読みました。電車に乗っている間だけ読むことにしていたので、読了まで1週間以上かかりましたが、とても面白い小説だった。暫くS&M読んでなかったからついていけるか心配だったけど、すぐにあのノリに入り込めて今回も衝撃と笑いの連続という感じ。キャラが濃いなーどいつもこいつも。そして毎度のことながら「犯人像」というものに全く固執しない姿勢が大好きです。俺は「形に拘るな」というメッセージが提示された時に犯人に気付きました(遅?)。
 今回最もウケたのは次のシーン。
(1)古本屋の店主と犀川のやり取り(日曜日はクレイジィ)

店主「新聞をとってない?そりゃ、いかんね。そんなこっちゃ、時代に取り残されるよ」
犀川「ええ」
店主「大学の先生が新聞読まないんじゃあねぇ…」
犀川「今、読んでます」

(2)大御坊のビデオをみんなで見るシーン(木曜日はミステリィ

国枝「私、関係ないみたいだから、遠慮しておく」
大御坊「まぁまぁ、そう言わずに。私は貴方にこそ、見てもらいたいの。深い意味はないけどね」
国枝「不快な意味があるのでは?」
犀川「国枝君。いつから、そんなテクニックを身につけたんだ?」

数奇にして模型 (講談社文庫)

数奇にして模型 (講談社文庫)