素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


小橋賢児の復活はいつ?

 先日、剛・ともさか・古尾谷版の金田一を久しぶりに見ました。しかもお笑い金田一も!それにしても佐野ちゃんがすごい。七不思議の時なんて影の主役じゃないですか。「何すんだよぉ!!」ってお前だよ笑!
 さらに、いつもはじめの謎解き中に「そうだよ金田一。○○さんが殺された時、俺たちは全員この部屋にいたじゃないか」的なセリフを言っているんですよね真壁が笑。素晴らしい狂言回しです。原の「大変だ、テープが盗られてる」にまた爆笑して懐旧の情に浸ったのでした。
 だからというわけではないですが、探偵ものを読みました。以下。

幻影博覧会/冬目景

幻影博覧会(1) (バーズコミックス)
 冬目景はかなり読んでいますが、これはBstreetで数話読んだきりでした。ふと単行本を買ってみたら、これは面白すぎる…!! ハツカネズミを超えました。探偵モノやっぱり弱いみたいです。
 頭はキレてもどこか冴えない松之宮と、謎多き天才少女・真夜のコンビがいい。犀川と萌絵に次ぐ盟友でしょう。まぁ、一番キレ者なのは月等ですがね(笑)。
 さらに良かったのは、読者に犯人捜しをさせるような展開を一切排除した物語を作ったところ。これは見事としか言いようがない。ありがちな推理モノではなく、あくまで「探偵が主役の漫画」を描いた著者の目線に感銘を受けました。去年3巻が出たんですねー早く読みたいな。
 冬目作品はいつも風景や小物に思わず溜め息が洩れてしまいます。その漫画を読むかどうかを絵でまず決める僕にとって、顔パス的存在の漫画家。