素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ヴァージンハウス/花津ハナヨ

ヴァージンハウス 2 (ビッグコミックス)
 先日バトンで漫画100選をやった時、スピリッツも長く読んでるし何か入れたいなぁと思って6本ほど選んだのですが、その中のひとつです。
 半年程で打ち切られ、実際内容も大したことない漫画なんですが、終盤で突然現れたカメラマンの卵・櫻井が主役級をそっちのけで全てかっさらっていきます。男前(容姿ではない)なのにかわいい。話の収拾つけるためにいきなり出てきた感じで、急展開は確かに否定できないんですが、僅か23話のこの漫画で一番面白いのは彼の登場からだと思います。主人公のユキが、夢だったカメラマンの道を本気で目指そうとする所謂ワーキングが話に挿入されたことも手伝って、最後の7回は凄く充実している感じがしました。100選をきっかけに改めて単行本を読んでも(2巻探すの大変でした……)それはゆるぎない。
 他にもこの漫画家の特徴だと思いますが、全編に渡って決めゴマがあまりに素敵で頁をめくる手が一瞬止まり、セリフ少ないのにかなりゆっくり読んでしまいました。他作もじっくり読んでみたいです。