素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ニューヨーク・ニューヨーク/羅川真里茂

ニューヨーク・ニューヨーク (1) (白泉社文庫)ニューヨーク・ニューヨーク (第2巻) (白泉社文庫)
 ……すごい。この漫画はすごい!!
 どこが、を思い付くままに挙げてみますと、まずこの漫画が作者のオリジナルということ。翻訳物のようなモノローグ、セリフは本当にアメリカンな空気が漂っています。
 それから時間軸のメリハリ。じっくり丁寧に描かれる情感的な部分と急展開の構成が見事です。
 最も驚いたのはなんといってもキャラ像。ひとりひとりに素敵さと致命的欠点が必ず内包されていて、漫画らしい完璧人間はどこにもおらず、作者の羅川さんが本当に書き分けの上手い漫画家だと感じました。
 他にもいろいろ衝撃でした。僕はBL漫画は好きですが、ゲイに対しては少しく偏見を拭い切れずにいました。それがこれを読んで少し柔軟になった気がします。外国人が主役の漫画なんか絶対についていけないと思っていたのを覆されたのも大きいです。
 いやーやっぱちょっとまとまらない……。ただひとつ言えるのは、これだから漫画ってやめられない!!ってことかな。