素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


Harlem Beat/西山優里子

Harlem beat 24 (少年マガジンコミックス)Harlem beat 25 (少年マガジンコミックス)Harlem beat 26 (少年マガジンコミックス)
 またリバイバルっぽく読んでます。この漫画はもう殆ど全編セリフ覚えてるくらい。何度読んでもいいものはいい!特にJ編を読みたくて引っ張り出したこともあり、今日はJ編限定で。
 J編で秀逸なのは新キャラ。マガジン路線からは逸脱していないものの、普通のスポ根ものではあまり見ないスレたあんちゃんがゴロゴロ出てきます。彼らはそれまでの敵達と全く違い、バスケに自分を懸けきってはいません(秋葉原以外)。主役が部活を謹慎になるという珍しい展開も良かったです。
 他にもウルトラマンとリサ、澤村と甲斐、JOKER・JOHNNYとなるちょの関係や、スリーメンズフープ襲撃、パーティーにみずきを連れていくかどうか、シュウの復活など見どころ満載で、いやほんとに好きだな書いてて楽しくなっちゃいます。
 なんといっても澤村となるちょの一騎討ちは最高。ゲーム後に外で二人で語り合うのも大好きな場面です。
 HBで僕が好きなキャラクタは1澤村、2浩介、3桜井、4なるちょ、5希理子くらいになるんですがSKY KISSでは不在の希理子もここには登場していて言うことないですね。浩介も普段はただのアホですがグルーヴD戦などで大活躍します。なんか失恋みずき以降、浩介がどんどんカッコよくなる気が……。JOKERとシュウの夢の共演(?)も嬉しいです。
 今バスケ漫画はスラダン世代・あひる世代と言われるそうですが、何を仰るHBこそバスケ漫画の最高峰じゃないっすか(スラダンもあひるも好きですが)。
 ビックリしたのはもう10年前の漫画なんですね!! 早いなぁ。