素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ポラリスベル/テラシマ

ポラリスベル (マーブルコミックス)
 方々で高い人気を見聞きしていて、装丁も好きだったので100円の値札を目にした瞬間手に取ったのですが、これはちょっと苦手でした。
 登場人物はみんな魅力的です。軽い男なのにものすごく純粋な秀吾、恋と友情の間を揺れ動く啓介、秀吾を好きな反面大切な父を秀吾に持っていかれることに抵抗する燈子。この3人を軸に、何気ない日常の中で衝動的な感情が交錯する幼馴染みたちの恋というテーマかなりレベルが高いです。久我山父の人柄もいい。
 なのに「…ぁー……」だったのは絵と文。どちらもすごく見づらい印象でした。お薦めするしないとかは関係なく単に僕の好みの問題です。しかし小さなコマや書き込み台詞、SDが多いほどそこには「うまく流す」テクが必要だと思います。モノローグの入り方も苦手で、結局読んでるうちに疲れてしまいました。
 とはいえ、一人の恋を複数の人物の目線から描くというのはBLでなくても珍しいんじゃないでしょうか。そういう意味では貴重な漫画ですね。