素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


猿喰山疑獄事件/遙々アルク

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)
 閉店セール中の古本屋で200円、あまりに安すぎる買い物でした。前評判の高さからずっと読みたくて、実際本当に読んで良かったと心から思います。
 ネタバレが許されない漫画だと思うので全体的な感想を。まず台詞がすごい。大企業を背負って立つ人間の周りで交わされる会話が凝っていて、この作者が読書家なのだろうなというのが窺えます。
 キャラクタ造形も見事。狂言回しのような脇役がおらず、丁寧に作り込まれている。鷺坂の魅力を一切の無駄なく描ききった時間軸の配置にもただ圧倒の思いです。最近幼馴染みモノばかり読んでましたけど、突然出会って急速に進む恋もいいですね。まさにドラマ!
 至る所で絵柄についてのコメントがありましたが、ふつう漫画を絵で選んでしまう僕がこれを読みたいと思えた時点で、それはどうでもいいことでした。多分この物語はこの絵じゃないと可視化できないんじゃないかな……とさえ今は考えてしまいます。
 ホント、BLを読んでいてよかった。長くなりましたけど理屈抜きに素晴らしい漫画なので是非試してみてほしいです。