素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


Punch↑(3)/鹿乃しうこ

Punch 3 (ビーボーイコミックス)
 やっぱ鹿乃さん好きだな〜。久々に読んだけど、あいかわらずの高い描写力に安堵すら覚えました。強いて言えばちょっと(いや、かなり)絵が変わったかな。前の方が上手かった気がする。
 鹿乃さんの漫画を読み続けている理由は、ストーリィメインの展開と表情の多さにあります。ふつうは描かれない微妙な表情が巧みに挿入されていて、控えめなモノローグの代わりになっています。
 しかしながら今回は急展開でした。BLだとありがちなんでしょうけど。三角関係に挟まれたと思ったら同僚の恋人が記憶喪失して……と、あとがきにあるように一番の苦労人は和久井でしょう。
 エロコメディ色が強い漫画ですが、今回はかなりヘヴィでシリアスでした。4巻も来年の今頃を切望してます。