素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


BL3連発!!!

 読むのは就寝前だけにしてるはずなのに充実しすぎている漫画生活。てことで最近読んだBL漫画をいくつかまとめて紹介します(記事数が追いつかないので…)。週マガ・モーニング・スピリッツも毎週消化しながらこれだけ良作に出会えているのは嬉しいことです。
 

ねかせないで/町屋はとこ

ねかせないで (ビーボーイコミックス)
 初読みの漫画家。パン屋が舞台のオムニバスですが、3篇あってこれだけ空気の違う作品を描いたのはすごいと思います。最初は高校生ネタで微笑ましいなと思いながら読んでいたら、最後店長とその幼馴染の話がもう泣かせる話でせつなかったー。大人の恋はいいです。
 台詞も詰め込みすぎず丁寧にまとまっててものすごく読みやすかった。くるくる変わる表情も絵力を感じました。他の作品もぜひ読んでみたいです。

そして、明日も君に恋をする。/大月クルミ

そして、明日も君に恋をする。 (カルト・コミックス X-kidsセレクション)
 かわいらしい絵と淡白なストーリィ。気楽に読めました。こういう漫画は例えばCDアルバムなら小品で、漫画を読み続ける上では欠かせないと思う。特に良かったのは連れ子同士の話と二人組アイドルの話です。既にデキてるカップルが多かったのは少し残念でしたが絵のかわいさで相殺。
 是非これからもっともっと漫画を描いていって欲しい方です。連載とかもやってほしいな。

ビター×スイート/遙々アルク

ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
 はい、遙々アルクさんです。猿喰山の登場人物とリンクしているので読みました。この方の漫画はかなり好きになってます。絵も最初こそ苦手だったけど細部に渡りしっかり書き込まれているし、今ではただの味です。
 表題作はショート連作みたいな構成ですが、次から次へと場面が変わる一方でひと昔前のBLみたいな直球路線で恋が進展します。なんてことないノリの漫画も描けるんですね。
 かと思えば最後にヤラレたのが「cleaning」。これはスゴい!! 読んだあと暫く呆然としてしまいました。なんでしょう…こんなに自分の語彙の少なさを悔やんだことはない。
 とにかく素敵な漫画を描く方だなと思うばかりです。普段の生活では見過ごしてしまう感情を鮮やかにしてくれるような……。まさに才能。次の作品も必ず読みます。