素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


万屋3.5

 リバイバルブームが続いています。それには初読み漫画に「これだ!」というものがないからだということで、今回は割とフツーだった漫画の感想を。否定的な見方もありますので苦手な人は回れ右でお願いします。

ビートロック☆ラブ/ミキマキ

ビートロックラブ (ウィングス・コミックス)
 映画は観ていないんですが、何の盛り上がりもないテンプレな漫画だった……。ミキマキの絵が多少満足させてくれましたが、逆にこの人はギャグを描かないとダメだなとも思う。やっぱバンドものはKAIKANフレーズ(アニメ)がナンバ1です。

君のせい (3)/原作:咲良色 漫画:茶谷あみ

君のせい 3
 絵が嫌いなんですけど、1巻を友達に借りて読んだので最終巻まで読みました。こんな男いますか!??と突っ込んだら負け。当て馬の女の子ムカつきますねー。

また あした/町屋はとこ

またあした (スーパービーボーイコミックス)
 『ねかせないで』が正統BLとして凄く良かった分、別の方向から楽しめました。BLでイチモツって言葉初めて見た(笑)。男の裸をエロく描く人ですね。体位とかも結構珍しい構図だし、いろんな面できっと作者が真面目な人なんだろうなという印象を受けました。

誰も寝てはならぬ/サラ イネス

誰も寝てはならぬ(12) (ワイドKC モーニング)
 『大阪豆ゴハン』に比べると絵、キャラの魅力、ネタ、その他すべてが劣っている。何か前はあまりの軽薄さがかえって心地よかったんですが、これは狂言回しの口調が嫌い。豆ゴハンの文庫本を手に入れてから母と僕の間でブームがきていることも手伝って余計感じたのでした。