素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


SFはいかが?

 専ら現代恋愛劇に的を絞っている僕ですが、最近はちょっとしたSFも読んでいました。ただ、そこには人間味がどうしても必要なので、そういう視点から読んだらこういう感想になる、ということで大目に見てほしいと思います。

ACONY/冬目景

ACONY(1) (アフタヌーンKC)
 さすが冬目景。最近こういうオカルト寄りな作品が多いですが、全く不気味に見せないところが嬉しいです。アコニーはかわいいし、モトミの周りの人物は全員カゲを背負っていそうで、次を早く読みたくなります。うまいですよねー。珍しくコメディ色も強めで楽しめました。こうもハズレのない漫画家もなかなかいません。

ナインストーリーズ/トジツキハジメ

ナインストーリーズ 1 (バーズコミックス ルチルコレクション)
 なんだかんだ言っても絵のセンスとか話運びが性に合うトジツキ漫画。が、これはちょっと解りませんでした。僕の印象ですが、この人のモノローグってもともとリズムがトリッキィなので、難解な設定をさらに「?」にしているんじゃないかと……。キリスト教がらみの題材にも嫌悪感を持ってしまいました。勿論読む人が読めば面白いと思います。

ハコソラ/荒井ママレ

※「月刊!スピリッツ」4月号掲載

 珍しく雑誌掲載作を紹介します。新人の読切に感動したのは久しぶりです。この人はきますよ!!!
 設定はよく見かけるものですけれど、兎に角キャラがいい。奇病の子どもたちがみんなかわいいんです(奇病の発想も見事としか言いようがない)。新藤の「居場所のなさ」をもう少し掘り下げて描いてもよかったかも知れませんが、それは最後海のシーンに集約されていると思います。
 絵柄もいいです。最初の単行本出たら絶対買おう。
 ちなみに新人賞の受賞作がWEBで読めます。こちらも良作。