素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


どうしようもないけれど/夏目イサク

どうしようもないけれど (1) (ディアプラス・コミックス)どうしようもないけれど (2) (ディアプラス・コミックス)
 1巻を105円で見つけたと思ったら、次の日別の店で2巻も見つけてしまいました。こんなことあるんですね!ほくほく。
 そして中身は期待通りの胸キュンでした。『タイトロープ』収録の続編も本編とまとめて今回はじめて読みましたが、兎に角島野のツンデレぶりが笑ってしまうくらい良い!! 昔の恋人に嫉妬して、構ってもらえず焦れて、しかもツン台詞の切り返しを考えている妄想が面白い。こんなに典型的なツンデレを描ききれるのはこの人しかいないでしょう!
 一方の黒川はただのだらしないオヤジではなく、仕事にも島野に対しても信念がちゃんとあり、大人だなぁと思ったら、島野の見合いを覗きに行ったり、社長(島野父)にバレても「黙っててください!!」と言ってしまったりと、これまた夏目イサクらしい男のかわいさが溢れまくっています。
 冴子さんやまゆ、親父さん等の脇役もみな味があり、ワーキングもしっかり描かれていて、充実している漫画です。4コマやカバー下も全てが楽しかった。漫画好きが求めるものをおさえまくった、BL史に残る作品です。そりゃ人気も出ますよね。
 もういいよ。俺の負けだよイサクさんよ。
 一生ついていきます!!