素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ダイジェスティブ

DROPS/阿仁谷ユイジ

DROPS(f×COMICS) (Fx COMICS)
 既に著名な漫画家ですが絵に苦手意識があり、実は初挑戦でした。しかし想像以上に面白く、画力もとても高かったです。ふきだしが読みにくいことを除けば良質な姉弟モノ。これ漫画好きなら絶対に読んだ方がいいですね。
 個人的に良いと感じたのは、5人姉弟それぞれにスポットを当てているものの、作中で「時間」がしっかり流れており、皆の変化を読ませてくれる点です。たった5話で終わるのは勿体ないくらい味のあるキャラばかりでした。

ダッシュ!/夏目イサク

ダッシュ! (アクアコミックス) (オークラコミックス)
 恋する青春男子といえば夏目イサク。さすがの話運びには安堵感すら覚えます。割と勢いで最後までいっちゃうカップルが多いのもこの方らしいのですが、そこに至るまでの過程や背景となる事件・第三者を丁寧に描くので、あまり気になりません。表題作はまさにそれ。あ、視点にいるキャラの妄想癖も高い確率で共通している気がする……。

ここからどうする?/三池ろむこ

ここからどうする? (ディアプラス・コミックス)
『魔法使いの恋』でファンになった漫画家ですが、明らかに絵が上手くなっています。そして、直球ラブな前作と違い、「この気持ちはなんだろう?」的な空気が心地よく、ライバルモノBLの枠をしっかり見せてくれました。それにしても白木のセンス凄すぎる…でもこういうのが漫画らしいし、漫画の味気ってのは些細な場面にこそピリッとすべきだと思っています。
 今更ですが、コンビニってBLではかなり出逢いの場なんですね。僕も大学入って1年半ほどコンビニ勤めでしたが、優しい客はいませんでした(笑)。