読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


今週のお題

 課題図書というと当然青少年読書感想文コンクールが思い起こされます。そこで本を選ぶにあたり、課題図書の選定基準を調べてみたところ、意外にかなりしっかりした基準が設けられていました。
 たとえば、

  • 内容や主題に独創性があるか。またその取り扱いは、時流に迎合的であったり、興味本位のものになっていないか。
  • コンクール実施の前年1月1日から、12月末日までに刊行されていること。
  • 増刷が可能なものであること。

 古典・名作・新装版・短編集は該当しないそうです。うーん難しい。
 まぁ、とりあえずBLでは『子連れオオカミ』と『俎上の恋は二度跳ねる』を読もう(まだ読めてなかった…)。一般漫画は今読みたいものが5本あるのですが、宣言するのはやめます。って読む気ないですねすいません。
 小説では御存じ高野和明の『6時間後に君は死ぬ』森博嗣『銀河不動産の超越』が読みたいです。どちらも小説の分野では数少ない作家読みの方です。
 僕はずっと自分をただの漫画好きと思っていたのですが、小学校時代の課題図書を調べたら殆ど読んでいました。当時学校で読書カードリレーというものをやっていたので、本はみんな読んでいたんですよね。『ジスランさん』好きだったな。胚芽クッキーくれる爺さん。