素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


コイ茶のお作法/桜城やや

コイ茶のお作法 (1) (あすかコミックスCL-DX)コイ茶のお作法(2) (あすかコミックスCL-DX)コイ茶のお作法(3) (あすかコミックスCL-DX)コイ茶のお作法 (4) (あすかコミックCLDX)
 文化部ブームの先駆けかと思いましたが違いました(笑)。お茶の世界はあくまで色付けというか、恋する少年たちの対比として登場する装飾に過ぎません。が、続きモノの特権と言うべきか、脇役を含めたキャラがだんだんいい味を出してきて、様々な角度から徳丸と蓮根が描かれると物語も小気味良くなってきます。
 特にこの徳丸(受)、きっちり蓮根と好き合ってるくせに「恋愛」ということを全く意識しておらず、やんちゃで直球です。それに一喜一憂する蓮根がまた男の情けない部分を体現していて、思わず笑ってしまう。徳丸の成長譚のような話運びもなかなかツボでした。
 因みに脇役なら春平が一番好きです。こういう少し生意気なガキんちょは清々しくていいですね。蓮根妹もよかった。この人は報われないなぁ……。
 あすかコミックスということでさほどエロもなく、ライトに楽しめました。切れ味鋭い短編もいいですが、続刊モノはキャラに愛着が湧く点でやはり外せません。絵にはクセがあるものの、BL免疫が『花とゆめ』程度にあれば全然読めると思いますので、BL入門にもお薦めです!