素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


TV好きのメガネ

 ここ最近、感想を書く気が起きませんでしたが、これではいかんとこつこつ書きためております。紹介してないからといって別に面白くないわけじゃないし、素敵なものもあるんですがね。ということで、巷でも評判のいいBL2冊。

青空の澄んだ色は/天禅桃子

青空の澄んだ色は (ミリオンコミックス)
 いつも同じノリなのに何故か読まされてしまう天禅桃子。爽やかな漫画でした。小学生の無邪気さは罪です。欲を言えばバック宙もっとキレイに描いてくれ。アクロバットファンとして許せません。笑

シュガーミルク/蛇龍どくろ

シュガーミルク (マーブルコミックス)
 ページが足りない漫画だなと感じました。これはダメ出しではなくて、続きを読みたくなる話ばかりだったという意味。絵はこの頃の方が断然良かった。あとがきにもありますが、キャラクタへの底知れぬ愛情を感じます。最近Citronでやってるくそ長いタイトルの漫画チラっと見たんですが、落書きかと思いました。