素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


新刊の匂い

 古本で唯一不満なのはやはり本が臭いことですが、ここ最近は新刊で読みたいと思う本が多かったため、珍しく定価買いが続きました。主に続刊ものです。

flat(4)/青桐ナツ

flat(4) (アヴァルスコミックス)
 虎太郎とあっくんのケンカ、長谷さんの片想い、サプライズケーキ、呪いのビデオ(?)、小百合さん…すごくてんこもりだった気がします。登場人物は多いのにみんな個性的なのはいいですよね。一見して皆おなじ顔をしているくだらない漫画(何とは言わない)とは天地の差です。平介もちょっとした進歩があり、すこーしずつですが全員変化している。それでも変わらぬ平介とあっくんが二人でいるときの空気がまた素敵でした。お菓子作りしたいなぁ。

胡桃の中(3)/川唯東子

胡桃の中 3 (ゼロコミックス)
 読んだらすっかりBL抜けてることにまずビックリ。2巻での谷崎と中居のちょいラブがかえっていいスパイスだったと思うのですが……。まぁそれでも面白いものは面白い。特にかつてギャラリィに出入りしていた傲慢な有名作家の話は良かったです。

QBかりん(2)/西山優里子

QBかりん 警視庁特殊SP班(2) (KC KISS)
 実は出ていたことを知りませんでした(笑)。1巻がかなり良かったので2巻で落とされないか心配でしたが全くの杞憂でした。光輝やライの過去が少しずつ明かされ、QBの「任務」とはまた違う人間ドラマで盛り上げてくれます。やっぱり西山さんが作るキャラの関係性は好きですね。いや、肌に合うと言うべきか。話のまとめ方はいつも同じ感じがしますけれど。敵役リカルドの登場はたいへん緊張感があり、はたしてKissに合うのだろうかと…いやいやこれからの期待になりました。