素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


あおはるゆーす

 今日すこし時間があったので大型書店を彷徨いていたら、『このBLがヤバい!』を見ることができました。ランキングはなんか…まぁ、こんなもんか。『1円の男』が4位ってのは凄く意外でした。あと僕全然知らなかったんですが卒業生の番外編が載っているんですね!! 佐条のあんな笑顔は本編ではなかったですよ。いつ描いたものなんだろう?? また二人を見れて感激でした。あとの内容には特筆すべきものはありません。
 さて、最近BL熱が薄い理由にはそれ以外の漫画が盛り上がっているからに他なりませんが、今日紹介するのもそのひとつです。

ケッコー ケンコウ家族/栗原まもる

ケッコー ケンコウ家族(1) (KC KISS)ケッコー ケンコウ家族(2) (KC KISS)ケッコー ケンコウ家族(4) (KC KISS) 紹介し損ねていましたがこれかなり傑作ですよ!! QBかりんを軽くチェックしようとKissをぱらぱらめくった時に、人を食った題名が気になって読んでみてから一気にハマりました。
 両親を亡くした蜜子がいとこの家に世話になるのですが、この一家が題名のとおり健康オタクで、そこを軸に巻き起こる様々な出来事がメイン…なんですが、蜜子の同級生・束木君の登場で空気がガラッとラブストーリィに変わり、これがまた少女漫画の典型とはいえたまらないんです。少なめではっきりした線も絵的には好みでして、いま新刊買いしている数少ない漫画になりました。キャラは長介が好きです。最初のクールぶった嫌味な雰囲気はどこへやらな間抜けた加減がいいですね。
 今日、最新刊を読んだのですがものすごい展開が待っていました。次を読みたい病に冒されてます。読めば絶対解りますこの面白さ。