素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ヤマイモタロイモゴリライモ

 主役不在の誕生日。姪も来ていただけに本人も流石に残念がっていました。それにしてもあれだけ子ども苦手だったのに絵本を読み聞かせるほどになった自分の変化に驚きです。半分ただ懐かしんでただけですが…14ひきシリーズは面白いな、やっぱ。

クリムゾン・スペル/やまねあやの

クリムゾン・スペル 1 (キャラコミックス)クリムゾン・スペル 2 (キャラコミックス)クリムゾン・スペル(3) (キャラコミックス)
 1巻だけ随分前に読んだのですが、やっぱりファンタジィに対する抵抗は拭えずにいました。輪をかけてこの表紙、うわーもういかにもだなと敬遠気味だったのを、ちょっとしたきっかけで一気読みすることができ、なんだかんだ楽しめました。
 なんといっても脇役がいい。マスコットのルルカ(本名リーズレグベール)、役立たずの大将肌ハルレイン、怪しい浮浪者(?)マルス、お茶目な悪役ギレなど、はっきりいって主役よりキャラ立ちのいいメンバが揃ってファンタジィの(あくまで)ムードを作り上げています。
 「魔物化したバルドの気を鎮めるには、SEXで気を吸い取って落ち着かせるしかない」という発想はなんじゃそりゃですけどもBLだから目を瞑るしかないですね(いや全く瞑っていない)。ただ、作者があとがきに「ファンタジーの世界の住人はどんなパンツを穿いているのか?をいの一番に考えてしまう」と言ってますが同じことを思っていました笑。この人パンツ好きだから描くかなーと…結局ありませんけれど。