素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ビアトリクス・ポター

 やるべきことをひとつひとつ片付けてみても、どんどん倍加していくようで、輪をかけて体力がすり減っていくのを痛感しています。モチベーションは高いのに……。

COLOSSEUM II/TMN

[rakuten:surugaya-a-too:10055865:image]
 “Welcome to the FANKS!!”のかけ声で始まる「Be Together」やシンプルなアレンジの「Telephone Line」など、聴き応えはTMだけあって確かです。まぁ、TMのライブといえばショウなので、視覚効果を欠いているのはやはり難ではありますが……たとえばB'zがライブ盤を一切出さず映像化のみにしているのは、LIVE-GYMのステージングゆえだと思います。会社の方針とはいえ自らのポリシィとも言うべき部分を削って商品化してしまったTMは哀れでしたね。EXPOツアーの「Don't Let Me Cry」をはじめて映像で見た時はあまりのカッコ良さでそれまで大した印象ではなかった同曲に惚れるきっかけにもなりましたが、音だけになると流石に物足りなかったです。当時TMのライブを毎回見ていた人はこの欠乏感をひしひしと感じたことと思います。
 世間ではヒット曲満載のこちらが人気だそうですが、僕はIの方が格段にいいと感じました。