素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


SWEET and WILD/高橋克典


 バシカツ(何故か家ではこう呼ぶ)は兄がファンでしたのでほぼ全て聴きました。もともと歌手でデビューしているので歌も珠玉が多いです。ハードロックさながらの攻撃的なナンバも甘いバラードもよく合う声が好きですね。一度BSか何かでライヴ映像を見たことがあるのですが、CDより格段によかったので、パフォーマとしても素晴らしい方だと思います。
 このアルバムはヒット作なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。自作中心だったのが作家の曲が増えて当人はどうだったのかなと思いますが、緩急のついた名作だと個人的には思っています。おすすめしたいのは「WITH LOVE(SWEET VERSION)」。この曲のオリジナルバージョンは疾走感ある印象で、聴いていた当時小学生だった僕たちは断然オリジナルが好きでした。が、最近突然SWEETの方が脳内メロディになった日があって、急いでCDを引っ張り出して聴いたらとても良かった。まぁ、この年になってみたらミディアムなナンバの良さがもっとわかるようになった、ということです。「Shiny Rain」もかなり好き。「BLUE BALANCE」は原曲のほうがいいかな。