素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


フィッツジェラルドをめざした男

 この題名の小説は実際に存在するため、何かの拍子にこの記事を見た方が勘違いするようなミスディレクションをめざしました(?)。
 さて、今日紹介するのは、期待感にミスディレクションされてしまった2冊です。一応断っておきますが、作品としてはたいへんエンタテインメント性高いものですので、一読をお薦めします。

ナナマルサンバツ/杉基イクラ

ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
 杉基さんの新作、しかもクイズが題材というかなり僕好みそうな漫画!! と期待しすぎたのがいけなかったのか…もちろん話自体は面白く、漫画の見せ方も杉基さんらしい高いレベルです。が、どのキャラも好きになれなかった。そのキャラクタにハマれるかどうかは結構重要なのだと気づかされました。クイズ狂のごときヒロインと、オタクとマジメのスレスレを行く会長さえクリアできれば最高に楽しめるんじゃないでしょうか。僕はムリでしたが……。

QBかりん (4)/西山優里子

QBかりん 警視庁特殊SP班(4)<完> (KC KISS)
 まず何から言ってよいやら……。とりあえず最初に僕の気持ちを書いておくと、非常に残念でいっぱいです。
 連載終了が決まって、張っていた伏線を無視せざるを得なかったり、描きたかったネタを少ない頁に詰め込んだりと、その辺は西山さんこそ断腸の思いだったでしょう。ただ僕が最も残念だったのは、得体の知れない国民性で言いくるめられてしまった物語です。こういうネタは一番苦手です。しかもこの筋書きだけは急ごしらえでなく始めからあった設定でしょうから、余計にショックで……。「守られるお姫さま」という当初のモチーフがこんな形になるとは思いもしませんでした。
 各キャラの立ち位置や場面のメリハリはさすがで、夏彦の急展開、かりんの過去など、思わず引き込まれてしまう箇所も多くありました。ただ繰り返しになりますが、物語すべてには引き込まれなかったんだよなぁ……。むちゃくちゃだろそれは、と何度思ったことか。最後の強行突破で数人ずついなくなるとこ、何か懐かしいと思ったら「なるちょの大冒険」のクライマックスにそっくりでした。この辺は西山さんの描きたいものを描いた感じがしてよかったです。
 方向性はやはり好きですし絵の線も軽くなったので、少女誌の次回作にも期待しています。