素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


季節感のない服装→

かわいさ余って何かが百倍/エンゾウ

かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)
 あっこれ面白いな〜表情も上手いですし。3つの物語で構成されているのですがどれも独特なカラーを持っています。表題作のカップルもツンツンで良かったですが、「不器用なドアキーパー」が素晴らしかった。同級生モノ弱いなぁ……。でもこの、無口な同級生の心をドアに当てはめ結んでいくストーリィがすごく綺麗でした。イチ押しは最後の「ごめんね、でも愛してる」。攻は女装していてもところどころに男らしさが現れていて、オネエとかオカマとは違う筋の通ったBLだなぁと思いました。
 初の単行本ということで先が楽しみな方です。

カフェラテ・ラプソディ/川唯東子

カフェラテ・ラプソディ (ビーボーイコミックス)
 さすが川唯さん!! 年齢や外見などあらゆるコンプレックスを障壁に設定しても話が全く暗くならないのが好きです。少女漫画に近いBLですよね。とにかくケイトが愛らしい。後書きにもありますけど全然強面じゃないよ(笑)。経験のない甘々さに戸惑うセリもいいです。
 川唯さんといえば強く逞しい女の子も見もの。リリちゃんカッコよすぎます。同業者としては書店ネタも好印象でした。

男の花園/千歳ぴよこ

男の花園 (ビーボーイコミックス)
 これはいつもなら絶対に紹介しないただのやおいなのですが、手に取った理由がありました。それはBLに珍しいカラーページ!カラーは春抱などでもありましたが、やおいSEXをカラーでそのまま書籍化したのは例がないんじゃないでしょうか。いろいろな規制がさらに強化されている今、こんなものを堂々と出すリブレ出版には頭が上がりませんよ(笑)。ただここまでモロに描くならさすがに年齢制限あったほうがいいなとは思います……。
 物語の感動はありませんが、ある意味BL史で貴重な作品です。