素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


はしたなくて ごめん/石田拓実

はしたなくてごめん 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)はしたなくてごめん 2 (りぼんマスコットコミックス)はしたなくてごめん 3 (りぼんマスコットコミックス クッキー)
 どこかでレビューを目にしてからずっと読みたかった漫画。こういう絵柄とかテンポは好き嫌いがはっきり分かれると思いますが僕は好きです。優等生も今時の若者ですから!と言わんばかりのカップル(?)。でもこのギャップが全然わざとらしくない。芯のある真奈緒に振り回されっ放しの与倉が実に微笑ましいし、恋に気付いても乙女加減が薄い真奈緒は痛快です。この二人のじれったい愛(書きたかっただけ)がとても気持ち良かったので、天然桃花(真奈緒の妹)と朴訥ハル君の話は最初違和感もありましたけれど、人を好きになる好奇心をじっくり描いていて、結局面白がってしまいました。