素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


インチキEnglish

青空の卵/原作:坂木司 漫画:藤たまき

青空の卵 (1) (ウィングス・コミックス)
 これはいいコミカライズ。原作は冒頭少しだけ読んだことがありますが、かなり忠実に再現している印象です。上手く言えませんが、原作で想起される登場人物の外見イメージを損なわずに動かしたりするのってものすごく大変と思いますが、この漫画は漂う空気やキャラクタの見せる表情から本当に丁寧です。さすが藤たまきさん、いや、藤たまきにコミカライズを頼もうと閃いた編集の方に感心します。ピッタリですこのタッグは。早く次の巻出ないかな。

あひるの空 (32)/日向武史

あひるの空(32) (講談社コミックス)
 この巻より一切本誌で読んだことのない話になりました(マガジン読むのをやめたので)。それだけに楽しみだったのですが、牧野くんの次は鶴工物語になっていたんですねー。これがまた入り込んでしまいました…切ないなぁ。勝ってほしいところでそう勝たせてはくれない厳しさがあひるの空のキモだと思っていても、ここまで這い上がってきたマグミを見るとコブシヲニギらずにいられません。
 同じことを感じる方多いと思いますが、ミチロウとか行太はまだしも「MAGUMI」までいくと流石に名前を使うのが恥ずかしいですね……。さわおはまだ?(笑)