素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


窮鼠はチーズの夢を見る/俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな

窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα)
 『窮鼠』も『俎上』も結構前に読んだのですが間が空いていたので、先日『窮鼠』の新装版を手にしたとき、いつか2冊を立て続けに読んで感想はそのとき書こうと決めていました。
 しかしなんて凄い漫画なんだろう。漫画の利点を全部使って大人の恋を解き明かしていくようなスリリングかつ芸術的な展開がたまらない。
 物語についてもいろいろなことを考えたのですが、まだ恭一や今ケ瀬の年齢に至っていない上、恋愛で悩んだ経験が殆どない僕が何を書いても空虚に感じたのでやめます。ただ、それらが理解を妨げるような哲学的なものなんかではなく、ありのままに他人を愛することを真正面から描いており、とても感動しました。特に「梟」のラストの切なさは圧巻。今ケ瀬の文学的な台詞も恋愛の真理を突くようで、いちいち胸に残ります。合間に挟まった書き下ろしのコメディがささやかな息抜きを与えてくれ、合計500頁超の長さを感じさせません。
 同性愛の物語ですが、ジャンルとしてのBLではない場所で発表されたことには大きな意味があるように思います。ファンタジックでない、けれど漫画だからこそ描ける、素晴らしい作品です。こういうテーマに嫌悪感を持つ人でも、ここまで描けば絶対に読める。お薦めです。