素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


少年探偵犬神ゲル/ゴツボ☆マサル

少年探偵犬神ゲル(1) (ヤングガンガンコミックス)少年探偵犬神ゲル 2 (2) (ヤングガンガンコミックス)少年探偵犬神ゲル 3 (3) (ヤングガンガンコミックス)少年探偵犬神ゲル 4 (4) (ヤングガンガンコミックス)
 僕にしては珍しく何の予備知識もないまま買った漫画。店頭でぱらぱら読んだら絵柄も好みだし物語も笑えそうだったので。読んでみてもやっぱり当たりでした。特に1・2巻はお薦め。報酬さえもらえればどんな依頼も受ける少年探偵・犬神君のボケ(てるつもりはない)と、親に捨てられて彼の下で泣く泣く助手を務めることとなった安川マリーのツッコミは切れ味抜群です。脇役もどうでもいいほど濃い連中ばかりで、回を重ねるうちに誰かひとりでも欠けたらどうしよう、と思ってしまうほど愛着が湧いてきます。犬神君の自称永遠のライバル・スパルタンIVはベストキャラ。何かどんどん素の姿が晒されていくことに哀しさを覚えました(笑)。
 3・4巻はそれまでの空気を一掃するような長編が展開されますが、これは正直プロットをもう少し練ってほしかったです。とりあえず犬神君の金への執着が悪目立ちしているのが気持ち悪い。物語も何かすごく重層的な話にみせかけているけれど、結局何が言いたいの?という感じでした。まぁ、そこを差し引けばなかなか楽しい作品です。繰り返しますが絵も好きです。
 なんとなんと、第2部が始まっているそうで。奇跡の5巻も現在発売中。これは読みたいなぁ。表紙のデザインとかイカしてます!