素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


すべての道は1巻から

 読みたいテリトリィが最近ぐっと拡張されたというか、いろんな漫画を手にしています。完結済の作品は全巻読んでから感想を書きたいので、連載中のものだけまとめました。

銀の匙 Silver Spoon/荒川弘

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
 『鋼の錬金術師』は読んだことありません(今でも読む気ない)。今度の作品は北海道の農産高校を舞台にした現代劇であること、今まさに1巻なのでチャレンジしやすかったことなどから買ってみたら大当たり。やっぱり漫画好きの人に好まれる漫画家って土台があるんですね。ジャンプとかだったらできないネタでしょうけど、サンデーという独特のフィールドで、酪農に悪戦苦闘するぼっちゃんをのびのび見せています。べこかわいい!
 さて、なんと次もサンデー。最近の小学館熱いなぁ。

BE BLUES! 〜青になれ〜/田中モトユキ

BE BLUES!〜青になれ〜 1 (少年サンデーコミックス)
 序盤『さよならフットボール』にそっくりですが、女サが市民権を得た今では普通の展開かもしれませんね。ビックリしたのはなんといってもゲームシーンの熱さ。プレーを再現できる優れた画力の人が描いても、これだけ躍動感あるものは描けないでしょう。龍と桜庭の一騎打ちなど素晴らしいと思います。
 “大河ロマン”ということは『MAJOR』の位置にこれを据えるつもりなのかな。少年誌のサッカー漫画久々のヒットの予感です!

星屑ニーナ/福島聡

星屑ニーナ 1巻 (ビームコミックス)
 うちの書店のHPで見て気になった漫画。最初は大したことなかったのですが再読で一気に心奪われました。作者曰く「Dr.スランプ」を目指して描いたとのことで、まぁ全然似てませんけど(笑)面白い。ツッコミ所満載でもツッコむ気が起きない、こういう古きよき趣の漫画は凄く貴重です。
 画風は読み手を選ぶかもしれないけれど、売れてほしい作品。一見でピンと来なくてもぜひ繰り返し読んでください。一話の題名だけでやられますよ!

ジャポニカの歩き方/西山優里子

ジャポニカの歩き方(1) (イブニングKC)
 西山さんやっぱ好きだ……!!
 新境地でもキャラのとっつきやすさ、読みやすい展開は健在。空土は初期のなるちょをさらにダメにした感じですが(笑)どう変わるのか楽しみです。あのはじけたオマケ頁がないのは寂しいかな。まだ本当に序盤でしかないけれどお薦めです。今度こそ長期連載求む!

夕焼けロケットペンシル/あさのゆきこ

夕焼けロケットペンシル 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
 読書メータか何かで見かけた作品です。1巻の時点ではいろいろな人間模様はまだ描かれず。本誌の連載は終了し、最終巻は今月発売だそうです。ゲームばっかやってるクソ親父と巻末の文具紹介がこの漫画のキモでしょうか。