素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


フォーエバー・ソングス

 今日は鈴木慎也(JIGGER'S SON)の誕生日…何故か慎也のだけ毎年思い出すんですよね。
 JIGGER'S SONは未だ大好きなバンドなのですが、今の坂本サトルは殆ど興味がないです。前の日記(サイトは既に消滅)の頃は全てを捧げるくらい応援していたんですよ。ただ坂本サトルの言動には度々違和感があって……。
 この人、ファンを大事にしてるとか自分で言ってるけど真逆だと思っています。当時僕はワンマンライブは全て行き、両親と一緒のことも多かった(僕にジガーズサンを教えてくれたのは両親です)し、周囲の客より年齢的に若かったのですが、それでも最後の握手会になるといつも「親子?」とか言われていたので「あぁこの人は毎回来てる客の顔も名前も覚えていないのか。大して客が多いわけでもないのに。ファンクラブチケットで真っ先に入場して、グッズも買って、サインも毎回頼んでいるのに…」と毎度がっかりしていました。
 熱が冷めたのには他の理由がありますが、今思えば立派な洗脳でしたね。坂本サトルは啓蒙的な発言が達者でした。
 今は幸せだから別に気にしていませんし、彼の音楽も勿論好きです。ただ、ファンを大事にしなければ音楽活動できないような人なのに、身の破滅に繋がる身勝手な振舞いばかりで周りがみんな去り、最後歌を聴けなくなってしまった、なんていう末路は見たくないので……。気がつくとこの人すでにまともな共闘者が去っていますしね(前の奥さんとか)。