素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


不思議ポット/藤たまき

不思議ポット (1) (キャラコミックス)不思議ポット 2 (キャラコミックス)不思議ポット 3(キャラコミックス)
 藤たまきさんは大好きな漫画家です。この作品はそれを確信に変えるものでした。面白い!! BLという枠には収まりきらない、優しくて、スリリングで、とびきりファンタジックなエヴリデイ・マジックです。
 未来のシバに対する盲目的な恋はあまりに幼く、はじめは掴みづらいのですが、乙部・エリコとの本格的対峙となるアラビア編に至ると強い気持ち・強い愛(書きたいだけ笑)にバッチリ生まれ変わっていき、芯のある少年に見えてきました。シバの魔法は不可能がないほどのものなのに、未来からは願望を満たすような命令は何らありません。これが最終的に「シバの力に頼らずに、自分で」という行動スタンスに繋がっていくのですね。逞しい。最初あまり感情移入できない人でも、絶対に最後まで読むのをお勧めします。
 またこの方はいつも脇役が素晴らしい。健二、乙部、エリコ、レイラとそのばあさんなど、「えっこの人必要?」というような感想を微塵も持たせない重要な人物が次々物語を盛り上げてくれます。
 個人的には藤たまきさんのBL作品でナンバ1です。同じキャラでもファンタジィといえば『クリムゾン・スペル』がありますが、ああいった即物的な萌えだとかエロなどではない、良質にまとまった真のファンタジィはこれでしょう。