素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


レイニーブルーが聞こえる

 別に強化月間でもないのですが、久しぶりにBLを積極的に読んでみてます。職場の近くにある狭い書店のBLコーナは僅かながらのスペースにこれでもかと店員の主張が表れており、新規開拓の目星をつけるのに通っています。

パンチドランカー/ツトム

パンチドランカー (F-BOOK Comics) (コミックス) / ツトム/著
 絵は青年誌寄りな雰囲気もあり上手いです。本当にあっさりしたBLで特異点もないのですが、文句をつけるようなところも逆に無く、結構楽しめました。パティシェの話が一番好きです。夢を追いかけている姿が人を遠ざけてしまうことに悩み、全てを諦めたときに出会う人、という筋書きが何ともせつない。ありきたりと言えばそうなんですけども。
 それにしても最近、次々新しいレーベルが出来るなぁ。

満開ダーリン2/山本小鉄子

満開ダーリン 2 (ミリオンコミックス  Hertz Series 87)
 これは最初に読んだ山本小鉄子作品でしたので、続編が出ると知ったときから本当に楽しみでした。やっぱり店長、最っ高の攻です…!! 「攻められるなら男でも女でも」とか自分で言っちゃったよ。大志のウジウジは相変わらずでしたが、かつての女が登場したり、店長のリーマン時代が描かれたりと少ない頁ながら充実した内容だと思います。ただ前はもうちょっと良に男らしさがあったような……。

快感銭湯/児島かつら

快感銭湯 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
 なんでこの人ピアスで描くんだろう。既刊を読んだときはこの人の絵柄や空気すごく貴重だなと思ったし…勿体ないです。表題である短篇「千客万来!快感銭湯」が最も近作なのですが、気のせいか絵柄もどんどん変わっている気が……。
 よほど著名でない限り描く場所を選べませんから、レーベルが要求するものに応えるのは当然と思います。まだ3冊目ということで、冒険できると言えばそうかもしれません。でもコミックスの題名を変えられた話とか読むとやっぱりせつないですね……。どう見ても「唇、とろける」が表題作だろうに。「僕の知る彼のすべて」は同級生モノということもあり面白かったですね。