素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ジルバ・ノワール

痛姫/七木桂

痛姫 (フィールコミックス) (Feelコミックス オンブルー)
ひきこもりオタクの敬太は、兄の友人である百瀬が突然部屋に入り込んできたことに憤るのだが、壁に飾ってあるアニメキャラの衣装を「着てみせろ」と言われ、されるがままになってしまう。実は、百瀬にはある思惑があり……。
 携帯コミックで有名な作品でしたので、書籍化の報を聞いて早く読んでみたいと思っていました。線はキレイなものの顔の向きがおかしいとかバランスが悪い全体図があるとかちょっと絵に難があるものの、物語に支障が出るようなものではないので総じて楽しめます。こう、最初の印象ではオタク受にありがちな女装モノの域を出ないネタ漫画だろうと思っていたのですが、ひと組のカップルが成立するまでをここまでじっくり描いているものとは思っていませんでした。敬太の心の成長と、それをゆっくりと育て上げた百瀬の人柄で作られているような漫画。BL描写も結構きっちりしています。携帯で読んだ人もそうでない方も是非。

星の数ほど/松本ミーコハウス

星の数ほど (バーズコミックス ルチルコレクション)
サークル「星を見る会」に半ば強引に入れられた荻窪。何やらクセのありそうな先輩達に囲まれ、さっそく気難しい上野の逆鱗に触れてしまう。すると、なだめる渋谷と上野がいきなりキスをした!?
 ミーコハウス待望の新刊。が、前3作に比べると若干パワーダウンした感じがします。なんというか手札を出し切ったような…秋葉や町田のテレまくる顔など確かにこの人の持ち味は生きているのですが、それも出し方がこれまでと変わらないし、上野の暗めな過去もなんか消化不良で、ハマりきれませんでした。上野が見た目もうどう見てもオンナってのも苦手かな。男の娘ってダメなんですBLでは。オムニバス形式でってのがルチル側の要請だったのかもしれません。でもこの方はひとつのカップルをゆっくりじっくり描いた方が絶対にいい。

アタ/藤たまき

アタ (ミリオンコミックス 26 CRAFT SERIES 18)
影郎の家にはアタという居候がいる。幼い頃から仲良く育ってきた2人だったが、年頃になったアタが次々に男を乗り換える様に気苦労が絶えない影郎。そんなとき、親友のハヤが「アタと付き合う」と言い出した。
 さすが藤さん…!! 相変わらず「生い立ちに問題のある純粋な少年が男をひっかけまくって本当の相手に気付く」的なストーリィですが、本当にこの手のキャラを描かせると右に出るものがいません。で、これもまたいつもなのですが、主役2人の間に入るキャラ・ハヤがまた素晴らしい。ハヤはアタを本気で愛し、影郎ともあくまで友人として真正面からぶつかっていきます。普段はものすごくクールでオトナなイメージの彼が、はじめてアタを家に招いて一夜を共にし、アタに「よかった?俺とのSEX…君ずっと苦い顔してるから…」という風に聞くんですよ。いやこれもうBLファンのおばさん達はメロメロでしょうね(失礼)。どうでもいいことかもしれないですが、藤さんがセックスをSEXと表記するのがなんか好きです。この雰囲気にすごく合っているんですよねぇ。