素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


とどのつまり塔のへつり

キミノート/ぢゅん子

キミノート (GUSH COMICS)
前の席の佐渡くんはいつもいい匂いがする。同じ香水をつけたりして浮かれているうちに、見た目にもカッコよくてキレイな佐渡くんに、憧れ以上の思いを抱き始めていた宮坂。
 えー、よいです(キリッ)。これはーたいへん。人気ある理由わかるなぁ。宮坂はわりと普通のアホっ子っていうか高校生です。佐渡くんがもうかわいくてしょうがない。見せ場が多すぎます。個人的には受攻が逆でも良かったと思うんですが…リバとか。そのぐらい佐渡くんは男らしさも持っていて、劣等感や臆病に揺れてしまう宮坂をグイグイ引っ張ります。この漫画とにかく爽やかさがものすごい。爽やかぶって実は薄いだけで中身がないBL漫画も山ほどあるのに。
 同時収録の短編では再会モノの「リプレイ」が秀逸です。短い頁に感情の振れ幅をダイナミックに見せていて、物足りなさがありませんでした。この人だったら他の本も読みたいな。

湯けむりジャーニー/三尾じゅん太

湯けむりジャーニー 上 (オークラコミックス アクアコミックシリーズ)湯けむりジャーニー 下 (オークラコミックス アクアコミックシリーズ)
ツイてないこと続きの直人が成り行きで行った銭湯には、客の注目を集める番台がいた。愛らしい容姿に胸が高鳴ったが、のぼせたところを介抱してくれたその番台はものすごく口が悪く……。
 衝動買い。読書メータでの皆さんのレビューが、作品の感想そのものですね。絵はきれい。この人の昔の本より圧倒的に上手くなっているし、主人公CPにもそれなりに魅力があると思いますが、いかんせん話の深みが足りない。ページ数があるのだからもう少しじっくり進展させてもいいですよね。ホントにこの人そこそこの原作つきで描いたら一気に売れっ子になると思うんだけど……。

ジューシィ・サイダー/神葉理世

ジューシィ・サイダー (B‘s-LOVEY COMICS)
クールな優等生の貴之は幼馴染の健を好きで好きでしょうがない。日夜健のエッチな姿を妄想し、その欲望を抑えきれなくなったある日、AV鑑賞を口実に部屋に誘うことに成功する。
 発売時に書店で見かけて、表紙・題名・内容に一発で魅かれました。神葉理世といえば『腐女子彼女。』ですが、絵はかわいいし話作りも巧いんだろうなと思っていても何故か手が出せなかったんですよね。これは期待通り面白かった!健のかわいさもさることながら、勉強できてイケメンで周囲の人気も高い(そしてそれを自覚している)貴之のヘタレさがとんでもなくいい。だってねーどんなイケメンだってインテリだってみんな最初は童貞ですから!とにかく読んで欲しい。特に初エッチがすっごくいいです。エロがじゃないですよ。「どうしてBLはこういう普通の感覚をすっとばして描くのだろう」と思うようなことが全部描かれてる、童貞同士のいい意味で勢いあるラブです。よく本にまとめてくれました。

愛し恋し君だけに/神田猫

愛し恋し君だけに (ニチブンコミックス)
まるで王子のような見た目の悠生に一目惚れした大和。友達として傍にいることを選んでも、心は苦しかった。そんな時、突然に悠生から「俺とヤッてみようよ」と言われて……。
 この人も最近気になっていたんですが人気があるのか中古で全く見かけませんでした。試し買いみたいな気持ちだったのですが、中身は王道のBLで普通に面白いです。腹黒っていうけどそんなに感じませんでしたね。『ひとりじめボーイフレンド』の支倉とかのがイキきってると思います(笑)。最後も丸くおさまってよかったよかった。エロが結構、艶があるというか香りを感じるというか…熱を帯びていて、なかなかいいです。絵はちょっとクセがあるかな。