読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


マコトの王者/福井あしび

マコトの王者(赤)  1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)マコトの王者(青)  1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)マコトの王者(赤)  2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)マコトの王者(青) 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
マコトの王者(赤) 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)マコトの王者(青) 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)マコトの王者(赤)&(青) 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
町工場で働く不良上がりの若き挑戦者・大地真。政治家の家に生まれ、全ての名声を手にするチャンピオン・天堂誠。2人のマコトは試合中の相打ちをきっかけに中身が入れ替わってしまう。
 まず結論から書きますが、これものすごく面白いです。題材や2人の境遇などありふれた設定に見えがちですが、それを凌駕する筆致と物語の疾走感。刊行形態も大地Side(赤/見た目は天堂)と天堂Side(青/見た目は大地)の2冊発売というかなり本気な扱い。これで面白くないわけないと言い聞かせて買いましたがドンピシャでした。幼稚さがある絵柄も回を増すごとに迫力がついてきて引き込まれます。
 2人が一緒にいる時間が極めて少ないのが特徴。普通入れ替わりモノというと、同じ環境でお互いを演じなければいけない中で生まれる齟齬などがドタバタの原因になったりして展開するものですが、大地と天堂は互いの身体で生活することになっても“なりきり”などはせず、ありのままでひたすらボクシングに突き進みます。これがいい。
 周囲の人間が入れ替わりに気付かないことも「転落した王者」と「新王者の風格」みたいなもので納得できるし、そもそも天堂が家族と疎遠だったため、大地の行動は厳格な母をして「大人になった」とまで言わしめます。*1
 ギャグ担当の天堂弟やブチ切れ連発の許婚まさみ、天堂を慕うセコンド町村(メガネ)ら、脇役はどれも存在感抜群で、2人の物語を賑やかにしています。うわーこれ、ホントに何かのきっかけで売れて欲しい。キレイに完結してるし、絵に抵抗ある人もいるでしょうけど兎に角1巻(2冊)をぜひ読んでみてほしいです。

*1:もう少し連載が続いていれば、大地家三姉妹の誰かが正体に気付くとかあったかもしれませんね。