読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


オトナのコドモたち/山田南平

オトナのコドモたち―オトナになる方法特別編 (花とゆめCOMICS)
 『オトナになる方法』のその後の話を集めた番外編。連載終了からかなり経っていることもあって絵が激変しています。もともと絵柄の安定しない作品なのですが、これは変わりすぎだろう…昔の方が上手い気もする。それはさておき、各話は読切として描かれたものですので、それぞれ一言ずつ感想でも。
BOYS BE AWAKE!
 ジョナサンと広子(ひろし)がメイン。彼らは大学も同じだったんですねーアツイなぁ!とか思っていたら冒頭から怪しい空気が。そうこれはド直球のボーイズラブでした。連載当時はギャグと紙一重だった(と僕は思いましたが…)のにホントにくっついちゃったよ。
 驚いたのが、ただの男の娘だった広子がけっこう強かで逞しい子に成長していたこと。「君って本当に世の中知らないんだから」などと坂田顔負けの台詞すら吐く余裕。へたれジョナサンは苦労するでしょうね……。
オトナのコドモたち
 表題作は本編最終回で登場した、久美子と真吾のコドモ(双子)のお話です。さすがに真美のキャラ作りはやりすぎな気もします。
オトナのコドモ未満
 誰が誰のコドモかの種明かしみたいなものも含んだショートストーリィ。
素直になる方法
 一番よかった話。真吾と久美子の結婚式が行われた夜、宿泊先のホテルに帰った坂田を呼び出したのはヤケ酒していた悦子だった。目が覚めると悦子は坂田と同じベッドで寝ていて…というのが始まりです。これは『オトナになる方法』では絶対に描けない話ですよね。思春期を共にすごした同級生と、ちょっと夢みたいな関係を作るこの寂しさとか刹那的な空気がなんともいい。脇役の数年後を描く番外編、という意味ではよかったな。悦子が愛想笑いを身につけたのは頭の良さゆえであって、根本では折り合いをつけたわけでも心が変わってしまったのでもないんですよね。続きが気になる2人でした。まぁ結局結婚はしないのですが……。
プラスティック・チェリー
 キャロル女子高生時代。なんだかただの天真爛漫少女になってしまって、つっけんどんな感じが無くなっているのが勿体ない。ただ漫画としては楽しめるし、“兄貴2人”坂田とジョナサンも登場します。これ時系列で行くと広子とくっつく前なんですね。ユキを想うあたり、キャロルは年の差など気にしない(もちろん久美子と真吾の影響でしょうが)のは解りますけど、兄が広子とラブラブってのはどう考えているんでしょう。
 これは本編をきっちり読んだ人だけが楽しめる、対象限定の作品です。読むならまず本編を全て読んでからですね。