読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


すべての道は1巻から

 感想書くのサボりすぎ。でも毎日面白い漫画を読めてます。

天にひびき/やまむらはじめ

天にひびき 1巻 (ヤングキングコミックス)
 おもしろいです。のだめを読んでない上に吹奏楽知識しかないため、管弦楽とか指揮については殆ど知りませんでした。なのでまず指揮者の歴史について書かれたコラムが面白かった。絵もみやすかったので読み終える頃にはキャラに愛着が湧きます。千秋と違うのは、ひびきは天才を自覚していないところでしょうかね……。

鉄楽レトラ/佐原ミズ

鉄楽レトラ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
 この人の絵ニガテだったんですけれどこれは表紙に心奪われたんですね。書店で見かけて。試し読みの冊子を読んだらこれまた面白くていつか読もうと決めていました。まだ話の序章が描かれたに過ぎないのにもう既に魅せられている感じがします。

乱と灰色の世界/入江亜季

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)
 なんて素敵なセカイなの…!! これはすごい。多分、2年くらい前だったら読めなかっただろうな。絵的に。よかった今読めて。粗筋とか見るに、おそらく2巻以降はもっとおもしろくなるんでしょう。乱はどう見ても子どもの姿の方がかわいいと思うんですが。この家族イチの曲者・お母さんは見た目メーテルながらメーテル以上に奇想天外な役どころです。

信長のシェフ/原作:西村ミツル 漫画:梶川卓郎

信長のシェフ 1 (芳文社コミックス)
 原作があの『大使閣下の料理人』の人なだけに、高名な立場の者に仕える様をうまく描いています。大使閣下のまさに過去版。ただ1巻だとまだまだ設定に謎が多く、料理の凄さ、ケンと夏の関係、秀吉のキャラで持っていった感があります。なんにせよ次も楽しみ。