読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


倫敦巴里子特集

 デビュー本『出張!!敏腕キューピッド』が良かったのでいろいろ読んでみたのですけれど、この作者かなり好きみたいです。なんだろう空気とか間とか、解説できない要素がドツボなんですもう。台詞選びも文句なし。ほんの些細な短編にもダイヤの原石が埋まっていて、真剣に読むとそれはそれはキラキラしてくれる。萌えとかの子ども騙しじゃなくて、あぁ漫画好きだなとか、BL面白いなとか、根本的な感激をしっかり備えてると思うんです。そんな3作(GUSH以外では出さないのかな…)まとめてドン。

ネコいりませんか?

ネコいりませんか? (GUSH COMICS)
 表紙の印象で「ネコ耳とかいらねーよ」などと斜に構えていたら全く違いました。愛した人と生きるため、人間と同じ寿命を持つ“長生きにゃんこ”になる猫がこの話の主役です。設定が素晴らしい。ほどよくファンタジックでギャグも冴えていて、何より説得力のある展開。ライトなBLでこんなに実の詰まった本は貴重じゃないでしょうか。他の短編もいいです。

三村と片桐

三村と片桐 (GUSH COMICS)
 この本で注目を集めたそうですが、表題作の10年カップルが楽しいんです実に。爽やかで初々しい青春BLも勿論好きですが、老けこむとかではない、成熟というか…まさに夫婦のような二人の関係に温かいものがこみあげる。
 長生きにゃんこシリーズ(毎回主役が変わります)が半分占めていてこちらも良いです。特に2本目、猫より先に人が亡くなる、というテーマは美事(誤字ではない)。

はなのうた

はなのうた (GUSH COMICS)
 着物だから時代モノと思ったら、華道家の兄弟とその幼なじみである呉服屋の息子の物語です。多分初の中編となる表題作。兄弟で取り合い。3P期待したんだけどなー(笑)。
 この本では最後の短編が珠玉です。上司と後輩のオフィスラブですが台詞がもう本当にいい。ぎゅんぎゅん響いてきます。シメもキレイ。
 BLで短編の名手と言えば個人的には三池ろむこ、たうみまゆが抜きん出ていたんですが超えたかもしれません。一度長編を描いてほしいな。