読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


平成二十四年完結済作品十傑

漫画

【10位】挑発ラバーズ/チカ
挑発ラバーズ 2 (MIU恋愛MAX COMICS)
 「これは恋のはなし」で有名な著者の本陣・レディコミの作品です。予備知識ナシの表紙買いでしたが面白かった。2のカバでおわかりのように結婚まできっちり描いてくれてます。個人的にレディコミは今やBLよりも支持層が限定されている気がしますが、何かのきっかけで是非読まれてほしい良作です。

【9位】かきかけとけしいん/たし
かきかけとけしいん (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
 ひねくれ曲がった都会育ちの甘ったれ少年いのが、ろくとの田舎暮らしで自分の本当の居場所を発見していく。若い感覚というか、年寄りには絶対に共感できない作風と思いました。特にいのが中学生になった後日談が最後に収録されており、ここで登場するホガルとのやりとりが素晴らしい。「都会にいないとなんもできないの?」って。

【8位】ブルーダー/原作:周防瞭 漫画:盛田賢司
ブルーダー 1―兄弟 (ビッグコミックス)
 盛田賢司にしては異色とも言える超のつくハードボイルド系統。真逆の境遇に置かれた兄弟ふたり、最悪な出逢い、せつな過ぎる結末。よくできた物語です。小説で読んでもたぶんカッコいいでしょう。吃驚したのが盛田さんの絵柄。物語に合わせて変化させていったのでしょうけど、それまでにないくらい骨太な筆致です。

【7位】このこここのこ/藤こよみ
このこここのこ 3巻 (IDコミックス REXコミックス)
 序盤はありがちで地味な設定なのですが、中盤から多くの登場人物がキャラ立ちしてきて盛り上がりをみせます。そして甘酸っぱく温かいラスト。恋愛感情を抱く、血のつながらないキョウダイでありながら、「家族」の枠にきちんと収まってくることが素敵。

【6位】ニコイチ/金田一蓮十郎
ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)
 ずるずる来てよくまとまったなぁという感想(笑)。面白かったー。真琴はバカだし崇はかわいいし。青年誌らしい空気もおさえていて文句なしのランクインです。金田一さん凄いわ。

【5位】はじめてのあく/藤木俊
はじめてのあく 16 (少年サンデーコミックス)
 終わっちゃったんですねぇ…アニメ化とか行くと思ったんだけどな(まだ可能性はありますが)。女性陣なら乙型が好きです。

【4位】オトナになる方法/山田南平
オトナになる方法 (9) (花とゆめCOMICS―久美子&真吾シリーズ)
 相思相愛で出オチ的な設定なのに、よくここまで長期に渡る物語を展開できたものです。終盤がちょっと物足りなかったり絵柄が雑だったりしましたが、小6〜中1期の充実度はホンモノ。後日談は蛇足だと思います。

【3位】王ドロボウJING/熊倉裕一
王ドロボウJing 第5巻 (コミックボンボン)
 ジンも初期の雰囲気が最高。第七監獄くらいからドロボウが陰ってきてしまったような気が…爆弾生物ポルヴォーラ、ザザの仮面舞踏会が特にお薦め。また第七監獄で描かれる「夢の中」は圧巻。一枚の絵画を見ているような素晴らしい芸術が散りばめられています。もっと売れていい作品!

【2位】こどものおもちゃ/小花美穂
こどものおもちゃ 7 (集英社文庫―コミック版)
 こどちゃは昔から好きでしたが今回はじめて最終回・水の館とぶっ通しで読むことができ、その重厚さ、感動に驚きました。恋と仕事を経て"大人びた子ども”からオトナへと変わりゆく紗南、紗南に救われていく羽山、二人を時に揺さぶり時に助けてきた直純や風花、母、玲くん、麻子、剛。ひとつひとつのやりとりがなくてはならないエピソードだと思います。もちろんギャグも大好きです。
 これ、アニメではかなりオリジナルストーリィが描かれているんですよね。NYで直純が両親と対峙するとか、うわー気になるなぁ。漫画もアニメも小学生編しか観ていなかったので…どこかでDVD探そうかな。

【1位】マコトの王者/福井あしび
マコトの王者(赤)&(青) 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 ボクシング漫画としての迫力もさることながら、メインで展開していく人間ドラマが素晴らしい。家族の絆を目の当たりにしても尚孤独を突き進んでしまう天堂と、味方のいない状況から多くの人たちを巻き込んで再びのし上がってくる大地。再戦のラストでは思わず泣いてしまいました。ただ、大地が大地の姿で関西弁を喋るのがすごく違和感があります(笑)。天堂はどっちの格好でも天堂だな、と思えるんですけど…なぜでしょう?
 
《総評》
 問題なく選べた感じでした。少しずつエントリィを整理していたときに『はじあく』が終了したのでちょっとズレはしましたけれど。悩んだのは1位と2位です。『こどちゃ』は知名度などの贔屓目なしに見ても名作でしたし、正統な後日談『Deep Clear』のパワーも含めインパクトでは間違いなくトップでした。『マコトの王者』はこどちゃと比べものにならないくらい認知度は低いでしょうし、画力が高いとか設定が奇抜とか特異点もそれほど多くはないと思います。名作と言うだけなら同率1位でもよいのですが、『マコトの王者』に関してはもっと沢山の人に読んでもらいたいという気持ちがありましたので、ここでは1位にしました。正直、テーマやストーリィ的にもどんどんお薦めしたい漫画です。