素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


いとしの猫っ毛 小樽編/雲田はるこ

いとしの猫っ毛 小樽篇 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
 毎年2月1日が楽しみになる。今回は恵ちゃんとみぃくんの馴れ初め話でした。いやぁ、せつない。別れの汽車の場面とか泣きそうでした。ねこっけらしからぬドのつくシリアス話ですが、たまらなくいい。人を好きになるのって理由いらないけど、その人と一緒にいるためにはたくさんの理由が必要で…みぃくんがチキンすぎるからなんですけど(笑)でもこの、葛藤を放棄して自分の本質(というのか解りませんが)を受け入れたってラクになるわけじゃないんですよね。東京という街がそうさせたのなら事は簡単ですが、変わらぬ思いというのもあるわけで……。だからみぃくんを選んだ恵ちゃんは本当にすごいと思いました。
 通常猫っ毛の1巻を読み直したら、初期のやりとりにも色んな補正が加わって何とも言えぬ気持ちになりました。