素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


BL漫画ベスト10

【10位】奈落何処絵巻/中村明日美子
奈落何処絵巻(ならくいずこえまき/通常版)あなたのためならどこまでも 平安調スペシャル (花音コミックス)
 この順位には恐らく「えー何考えてんのこいつ!!」といった憤怒も有り得るでしょう。いや明日美子さんのアホエロ大好きなんです。が、ミミズプレイがもう気持ち悪さしか湧かず…えぇ……明日美子さんの完成度だからベスト10に入れましたけど、少なくともこの話は二度と読まないと思って売ってしまいました。明日美子さんの今年のBLならPINK GOLDの「中学3年生」は最高でしたね。

【9位】酷くしないで/ねこ田米蔵
酷くしないで(3) (ビーボーイコミックス)
 ずっと読んでるんですが、ランクインは初です。作者の萌えを満たす出オチ漫画だと思っていたら、月日を重ねてお互いにベタ惚れしていく様がとても丁寧に描かれるようになり、真矢も眠傘もどんどん好きになってきました。この二人、距離感が抜群にいいと思うんですよ。嘘くさくない。もし二人が実在したなら本当にこういうやりとりになるんじゃないかな、と思ってしまう。

【8位】睨めば恋/ゆくえ萌葱
睨めば恋 (GUSH COMICS)
 龍さんかわいすぎます…!! ただ登場人物全員目つきが悪いので、龍之介の怖さがあまり伝わらなかったかな。本当にただかわいいだけ。受なのに事後大の字www

【7位】本日からの隣人愛/さがの
本日からの隣人愛 (Dariaコミックス)
 絵が上手いうえに、好きだったのが表題作。なんというか自然な欲望なんですよこれ結構。実は王道BLだったというのもまたいい。褐色競パン水泳男子×色白巨根美形の短編もよかったですねって好きなだけかただ笑。

【6位】参上!! 恋人は中の人/SILVA
参上!!恋人は中の人 (ダイヤモンドコミックス)
 今回最も知名度低い作品では。なかなか良かったですよストレートかつあまーい台詞と、エロエロなSEXが(笑)。絵に癖があるんですけど、昔の少年漫画みたいで僕は好きでした。いろいろ気になる設定が残されているのでぜひ続編が読みたいです。

【5位】闘う!! ラブリーエプロン/ありいめめこ
闘う!!ラブリーエプロン (gateauコミックス)
 僕にしては珍しく携帯配信で読んだことのある作品ですが、遂にgateauから出版されました。やっぱ好きだなー。特に淡々としてるくせに理性のモロい凌(攻キャラ)がいい。バカで単純な受も好きなんですが、頭のいい奴が恋愛になると不器用になるというのはいつの時代もほほえましいですね。それからこの人の作品は脇役が素晴らしいので細かいところまで大事に読んでみてほしいです!

【4位】スニーキーレッド/たなと
スニーキーレッド (Feelコミックス オンブルー)
 SMをネタにするBLの大半はただのパフォーマンスだと思っています。ところがこの漫画は本能的にMである受・Sに走ってしまう攻から逃げていません。特に秀逸なのは、Mに愛情が芽生えてきて大事にしたい優しくしたいと思う一方、Mは自分との繋がりに傷みを求めているためSになりきって手を挙げざるを得ない、といった感情の遷移がしっかり描かれているところとか。受の三崎が男前(気質が)なのも良かった。登場人物の表情や髪形など書き分けが上手くなればもっと評価される漫画家になると思います。オニヤンマだ!www

【3位】クロネコ彼氏の甘え方/左京亜也
クロネコ彼氏の甘え方 (ディアプラス・コミックス)
 連載になったからだと思うんだけど、心の機微がかなり丁寧に描かれていますよね。少女漫画かというくらい。二人を揺さぶるインチキカメラマンなども最後までいい味を出しています。半分近くがSEXなのになぜかエロエロに見えないのはそういう筋立てがしっかりしているからじゃないかな。

【2位】ゆうぐれのまち/三池ろむこ
ゆうぐれのまち (花音コミックス)
 三池さんの漫画は殆ど読んでいますがこれはズバ抜けて好きでした。お互い明確な告白がないのだけれど、一緒にいたい人と気づいていて、変わらぬ日常の中で二人の関係だけは深まっていく。ゆるゆるほのぼの系なんですがヤクザ稼業などがいいスパイスになっていて、一冊読んで飽きない。三池さんにしては珍しいくらいの直接的なエロもおぉ…と唸りました。

【1位】いとしの猫っ毛 小樽編/雲田はるこ
いとしの猫っ毛 小樽篇 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
 通常のねこっけも大好きなのですが、このシリアスはやられたなぁ。せつなすぎる。またたび荘に来るまでの二人にはきっと大きな存在が居たに違いない。そんなポジションを占める多数の名脇役。ゲイとしての自分と「好きな人の幸せ」との乖離に揺れるみぃくんの心情。昔も今も変わらない恵ちゃんの男らしさ優しさに惚れました。改めて雲田さんの懐の大きさにシビレてしまいます。優れた物語ですが、今のゆるくかるいまったり通常営業ねこっけがあるゆえに感動できる1冊ですので、必ず既刊を読んだ後に手にしてください。