素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


Free! -Eternal Summer-最終回

 都合2週分まとめて観ましたが、怜の涙で本当にボロボロ泣いちゃいました……。涙演出が今回すごく多かった。でもこれが全然あざとくない。
 見終えた後の感想としては、12話はまぁまぁよかったんだけど、最終回はちょっと詰め込みすぎでしたね。とはいえ水泳バトルものじゃないんでこれでキレイなんだと思います。
 各キャラについても少し。なんといっても2期は鮫柄でした。宗介は普通にカッコいいし、似鳥も1期では邪魔くさかったのですがいい立ち位置に収まったし。似鳥には部長の器ないと思うんだけどそれは最初の凛も同じか(笑)。最後なんて御子柴元部長顔負けの追い出しレースやってましたしね。ただ残念だったのが百太郎のキャラが不完全燃焼気味だったことですね。もっと目立ってほしかった。
 岩鳶でメインだったのはやっぱり遙と真琴の関係でしょう。「はじめてだったんだ(ケンカが)」もOh…でしたが帰国したとき真琴に会ってキョドっちゃう遙なんて完全に恋人じゃないか。一緒に上京してなんなんすかあのケンカでハラハラしていた渚怜視聴者スルー推奨なできあがっちゃってます的関係は。さすがにルームシェアはしなかったようですが(笑)。
 1期でさんざん皆を振り回した凛が、今回罪滅ぼしと言わんばかりに多方面で大活躍。強豪校の部長としてだけでなく、怜の特訓に付き合い、宗介を精神的に支え、遙に夢を教え、完全イケメンになってしまった。江との絡みが減ってしまったのは残念だけど仕方ないか。
 ドラマCDとか聴いていないので、なかなかサイドストーリーやエピソードに踏み込めないのですけれど、こうして2年を終えたら、まだまだ彼らを観たい気持ちでいっぱいでした。
 最後のエンディング曲は前の方がよかったな。