素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


BL漫画ベスト10

【10位】春を抱いていたALIVE/新田祐克
春を抱いていた ALIVE 1 (スーパービーボーイコミックス)
 御祝儀。やっぱり嬉しい新章スタート!作中の経過年数がよく判らないので本当に岩城が年齢不詳(笑)。小野塚の秘めた野心を叩き出したのが香藤の役者としての才能と思うと、改めて香藤が周囲の人々にどれほど影響力のある存在かと見直しました。秋ごろに全巻読み直したのですが、絵がホント変わりましたね。12巻の途中から意図的に絵柄を変えた時期があったみたいです。まぁ、今は今でいいですが。鬱陶しいあとがきがなくなったのも良いです。

【9位】シラフでいても意味がない/山田まりお
シラフでいても意味がない(キャラコミックス)
 ずっと4コマ誌で活躍されてる方なので、もはや緩急が違いますね。キャラの濃さは他の追従を許しません。ドS担当編集を盲愛してしまう(一応)直木賞作家の葛木、なぜかヤクザが執事を務める四鳳院家の当主八尋、乙男兄貴と組長子息(粗暴な美形)との間で四苦八苦する若頭補佐・宝田がお気に入り。彼等は一見マトモそうなんですが、おかしな人々に振り回され結局自分もおかしくなってしまってる様が面白いです。散りばめられた小ネタは解る人なら爆笑モノなんでしょうが、残念ながら殆んど解らない……。

【8位】獅子も拒まず 完全版/桐祐キヨイ
獅子も拒まず 完全版 (GUSH COMICS)
 通常版の表紙を見かけて、これは絶対に俺好みのヤンキー受だ…!!と直感し、既刊分の評判も良さそうなので買ったら大当たり。ツンデレ含有率ゼロのド真面目純情マグロ野郎・譲が兎に角かわいくて!! たとえば序盤、里見(攻・先輩)は譲を追っ払うためにわざと「やらせて」と迫り、期待通り絶句する譲を見てひと安心するのですが、その後譲が自ら里見を訪ねて来て、ガチガチになりながら真っ赤な顔で「風呂に入って来ました」って言うんですようわーどうしろってんだこれ!!ww
 マジメさゆえ将来にも思い悩む譲に対し、小悪魔美形マイペースな里見は、そういった自分らしさの全てを活かして譲(と成瀬)を手なづけていきます。こういったやりとりにBLらしい盛り上げも存分用意されており、楽しめました。脇役の成瀬も憎めない奴で好きでした。

【7位】between the sheets/橋本あおい
between the sheets (ディアプラス・コミックス)
 昨年ベスト発表後に読んだので今年のランクイン(オリコン方式)。前評判からエロエロと聞いていましたがその通りでした。今OKなのこれ!? けれど橋本さんらしく温かみのある物語が、いつも以上にコミカルに展開され、SEXシーンが多くても読み物として退屈になりません。特に高史(受)のツンデレ度は半端じゃないです。この高史の性格や周囲の人々のマトモさは、プリティウーマン的な非現実さをほどよく薄めてもいて、とても面白いです。続き早く出ないかな。橋本さん本領発揮の一冊です。

【6位】やたもも/はらだ
やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)
 はらださんは今年のBL界台風の目と呼べるんじゃないでしょうか。デビュー本『変愛』がなかなか良かったし、長編と聞いてこちらを読みましたが、想像以上でした。モモは本当にろくでなしそのものなんだけれど、いろんな感情を誤魔化すことで気楽にやってきたつもりというか…そんなモモに喜怒哀楽と愛情をストレートにぶつけてくる八田だから、くっついたのかなと思うんです。モモの「めんどいこと考えない脳」にも直球で伝わる言葉や態度を八田は投げてくれてる。だから須田はもっと好き好き言ってあげるべきでしたね(笑)。不器用すぎる人と思うと愛すべきキャラクタでした。
 それからこれ、着衣スキーなら絶対に読んでください。本編最後のSEX、テンション上がりすぎて困りました。

【5位】夢を見るヒマもない(文庫)/山田ユギ
夢を見るヒマもない (幻冬舎コミックス漫画文庫)
 シラフで〜に「山本ユギ」として登場する(?)大ベテラン。恥ずかしながらまともに読んだのは初めてです。文庫版出た時からずっと気になっていて、中古でペーパーまで付いていたので買っちゃいました。ユギ作品群でも名作と誉れ高いようですが、面白かったなー特に仕事面が。はじめて知った航空業界。ユギさんの漫画で素晴らしいと感じたのが「職業」への踏み込み方なんですよね。その仕事をしているからこその夢・出逢い・魔性(書きたかっただけ)で紡がれたBL。時々自分も、ありふれた生活も知らない仕事が沢山結集して作られているんだよなと思うことがありますが、そんな地味な世界でもこれだけのドラマを描けるなんて、人って凄いなって。
 『誰にも愛されない』も完全版を読んだのでどちらか迷いましたが、仕事面や主役CPの性格などで軍配を挙げました。下巻収録の教授とヤーヒムはヤバすぎる。オヤジの本気見せてもらいました。

【4位】放課後エキセントリック/倫敦巴里子
放課後エキセントリック (Charaコミックス)
 もともと素敵なBLを描いてくれていましたが、今年は一気に個性が磨かれた印象があります。涼しい顔して性への興味が爆発している勅使川原がおかしくてかわいくて。手解き役の向井と揃って、若さゆえのBLをしっかり見せてくれてます。
 大学時代の同級生が当時の学生寮で再会する「六畳一間まかない付き」はあとがき通りごはんが美味しそう。「一日の3分の2が同じ飯なら、この体は同じ成分で出来てる」って台詞には感嘆。こういう発想自分には絶対無いなぁ。物語も数年愛でドラマチックなんだけれど、互いに好き合ってる上に同じ寮なんだから当時の交際状況くらい気付かないものかな?

【3位】このおれがおまえなんか好きなわけない/緒川千世
このおれがおまえなんか好きなわけない (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 131)
 今年最も読み返したBL漫画です。『誤算のハート』から遡って読みましたが、これが一番ハマりました。理想的なキャラ性のCPですし、ギャグも冴えてるし、各話のヒキもうまい。脇役に女子をつける点も僕は好きです。あと感覚的で申し訳ないですが、御徒町・藤間って名前が最高に良かった。呼んだ時の響き、大事ですよね。これはもう未読の方少ないでしょうけどBL漫画好きなら絶対読むべきです。

【2位】ドッガール/天禅桃子
ドッガール doggerel (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
 天禅さんは久々でしたが高校生モノ・1冊1CPと知って期待していたところ、遥かに上回る出来に驚きました。いや感動してしまった。役割上省けない登場人物が多いうえ、けっこう重厚な話なのですが天禅さんらしいコミカルな部分やせつない場面で持っていくのですっきり読めます。比嘉と野波が結ばれてくれて本当によかった。SEXシーンも直球にエロスで満足です。
 あまりに良かったので今年のもう一冊『無防備、純情、あるいは初恋』も読みました。どうしたんだ天禅桃子と言わんばかりのドエロ(笑)。エッチの時だけ普段とヒエラルキーが逆転するのがたまらん。好みは分かれるでしょうがこれもおすすめです。

【1位】O.B.(卒業証書)/中村明日美子
O.B.1 (EDGE COMIX)O.B.2 (EDGE COMIX)
 ここまで来るとランキングにわざわざ入れなくてもいい気さえするのですが、年早々に手にしてより1位不動。もはや出来レースです。気になる3つのCPについてすべて綺麗にまとめてくださいました。この漫画でとてもよかったのは、どのCPもご都合主義に陥らないで、世間との在り方に大層悩んだところですね。で草壁の台詞が凄いんです。「そんなさぁ、何もかもは無理でしょ」って。泣けました。こいつ、飄々としてるくせに真面目ですよねぇ。佐条は草壁と会えて本当に良かったね。
 「卒業証書」はオマケですが、卒業アルバム含めこの作品群を追いかけて来たのであれば必読でしょう。