読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


I come back again/松元治郎

f:id:ptbwdfm:20160218223630j:plain:medium
 遂に発売された治郎の2nd。前作でフラストレーションだった部分を大きくカバーしてくれているのは、さすが一生だと思いました。というか普通に素晴らしい出来。治郎の歌も前より現役感があるし、バラード中心の前作と打って変わって収録曲は多彩。再登用の綿貫がいかにもシングル或いはリード曲に相応しいキャッチーな楽曲「Farewell, my love」を提供していますが、僕も今回最も好きなのはこれでした。
 また前作において楽曲提供に留まっていた木村が演奏にも参加。おかげかわかりませんがピアノがかなり際立っています。これは嬉しい。一生もわざとだと思いますがWANDSの2枚目を作らんとばかりに、リスナーが喜ぶそのど真ん中をついてくるようなアレンジメント。特に「Next World」は木村らしい地メロに思いきりビーイング的なシンセフレーズを重ねていて思わずにやけてしまう出来。新しいと感じたのが一生作曲の「Shake it off」。SURFACEかと思いました(笑)。でもこの曲で改めて治郎の歌好きだなーとしみじみ気づいたりしました。
 とにかくこれ、今でも3期好きな人で買わない人は少数と思いますが、入手しないと絶対後悔しますよ。少なくとも僕は本当に買ってよかったです。
 ライヴは前回同様、父が参戦します。木村ーーー!!!あー観たい!!