素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


1期と3期

 WANDSブームがまた来ておりまする。今、TMR20周年ツアーで柴崎・大島がサポートを務めていて、Twitterにフレンドリィな写真が多数UPされています。柴もWANDSの名前を出していて嬉しいですね。どうしてもWANDSは2期のイメージが強く、そこには「ユニットの崩壊」がついてまわってしまう。ただ数年前の柴と木村の写真や、3期の仲の良さ、それぞれのWANDSに対する発言を見ていても、上杉だけが今もWANDSの栄光を払拭しようと無理をしている気がしますね。どうしてこの人はいつまでも中二病をこじらせているんでしょう(笑)。そこが魅力なのかもしれませんが。素直に歌った方がラクだと思うんだけどな。上杉はファンも中二病なのできっと批判されるだろうけど、どうせみんな喜ぶに決まっている(笑)。時の扉叩いて欲しいです。だってねだってね、あんた以外に歌う人はいないんだよもう。ミュージシャンとして守るべきプライドはありますが、捨てるプライドもありますよ。