素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


さよならスマップ

 スマスマ最終回で観た最後のSMAPについて感想だけ書きますね。

 最後に撮り下ろされた「世界」。西山喜久恵に進行させてやたらと仰々しかったですけど、歌の最初からもう感極まっていて、必死に涙をこらえて最期を噛み締めるように熱唱する中居の存在が、唯一の救いでした。改めて、SMAPは中居あってのグループだったのだと思います。

 バンドならば趣味が合わない(音楽性の相違)、あいつ嫌い(お互いを尊重)となったら解散しますよね。事務所などの契約問題も多いです。SMAPは、アイドルに賞味期限を持たせない活動に成功しましたけど、幕引きはちっとも例外じゃなかった。終わらせるしかなかったんですよね。
 つまり僕の印象では、SMAPの大事なことは6人ないし5人で何でも舵をきって来たのが、乗組員が増えすぎて手に負えなくなってしまった現実。この一年の芸能界やマスゴミによる異常な騒ぎっぷり(言うまでもなく、ファン連中もです)を見るだけで瞭然ですが、もう6人だけのSMAPじゃなくなっていた。結局終わらせるしかないですよ。

 賛否両論でしょうけど、5人で決めてくれた最後の姿だったので、僕はほっとしました。籾井に利用されてたら最悪ですもんね。

 ひとりひとりは大したことなかったんですが、皆で集まったときの空気は大好きでした。愛ラブSMAPや夢MORIも大好きでした。長い間お疲れさま。