素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


年間読書メーターまとめ2016

意外と読んでるな。月1冊とかあったからどうかな?と思ったけれど。
2016年の読書メーター
読んだ本の数:73冊
読んだページ数:15256ページ
ナイス数:339ナイス

スターライクワーズ (GUSH COMICS)スターライクワーズ (GUSH COMICS)感想
二人の恋だけじゃなくて、長山の絵についてもきっちりまとめてくれていて気持ち良い。読切もよかったなー。扇情的なエロがまたたまらん。漫画としてホントに好きです。
読了日:1月6日 著者:ぢゅん子
バクダン●ヘブン (H&C Comics ihr HertZシリーズ)バクダン●ヘブン (H&C Comics ihr HertZシリーズ)感想
この人の絵がどんどん自分好みになってきててヤバイ。大仰なドラマにならず、あくまで楽しくじわーっとくるBLに仕立てあげる手腕は流石としか言いようがない。PBBを除けばここ数年の単行本で一番よかったな。
読了日:1月8日 著者:鹿乃しうこ
シネマ・コミック2 天空の城ラピュタ (文春ジブリ文庫)シネマ・コミック2 天空の城ラピュタ (文春ジブリ文庫)
読了日:1月16日 著者:宮崎駿
カブキブ!  1 (角川文庫)カブキブ! 1 (角川文庫)感想
読みやすいし面白い。歌舞伎見てみたい。キャラもイメージしやすくてすごく良い部活モノでした。これで続き読まなかったらアホだな。
読了日:1月20日 著者:榎田ユウリ
王子の帰還 (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス Hertz Series 77) (ミリオンコミックス  Hertz Series 77)王子の帰還 (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス Hertz Series 77) (ミリオンコミックス Hertz Series 77)
読了日:1月21日 著者:ぢゅん子
思春期ビターチェンジ(2) (ポラリスCOMICS)思春期ビターチェンジ(2) (ポラリスCOMICS)
読了日:1月22日 著者:将良
花嫁の水着 (ビーボーイコミックス)花嫁の水着 (ビーボーイコミックス)感想
せっかく篤志が口絵で競パン姿なのにそういうプレイがなかったのは残念だな。あと時系列がバラバラなので(発表年順?)物語になるよう並べて欲しかったですね。
読了日:1月23日 著者:佳門サエコ
思春期ビターチェンジ(3) (ポラリスCOMICS)思春期ビターチェンジ(3) (ポラリスCOMICS)
読了日:1月23日 著者:将良
マホロミ 2: 時空建築幻視譚 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)マホロミ 2: 時空建築幻視譚 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
読了日:1月24日 著者:冬目景
傘の下、ふたり (GUSH COMICS)傘の下、ふたり (GUSH COMICS)感想
何もわからなかった高校生がどんどんカッコよくなる話、ってくらい三尾が男前。どうしてBLの艶男ってのはこう、ゲスに溺れるんでしょうか。まぁ最後のSEXが幸せ極まれりだからいいか(笑)。
読了日:1月30日 著者:ぢゅん子
マイハニーエクスプレス (ディアプラス・コミックス)マイハニーエクスプレス (ディアプラス・コミックス)
読了日:2月3日 著者:猫野まりこ
春待つ僕ら(4) (KC デザート)春待つ僕ら(4) (KC デザート)感想
敢えて水着回を外すのがかえって「らしく」ていいですね。ただ前巻を思うと恋愛の事件が少なすぎる気がするな。
読了日:2月13日 著者:あなしん
夏の塩魚住くんシリーズ (1) (角川文庫)夏の塩魚住くんシリーズ (1) (角川文庫)感想
これはいい。脇役も含めてとても映像的な人たちで、ものすごく好きになった。岩本さんのイラストもっと見たいなー。
読了日:2月16日 著者:榎田ユウリ
なまいきざかり。 6 (花とゆめコミックス)なまいきざかり。 6 (花とゆめコミックス)感想
前巻の微妙さに全く期待していなかったのだけど、ものすごく面白かった。二人が漸く……だけじゃなくて、肚の決まった静もいろいろ期待できる。番外編のおかげでさらに楽しめた。というかコーチの過去ww
読了日:2月19日 著者:ミユキ蜜蜂
卒業アルバム 増補版 (EDGE COMIX)卒業アルバム 増補版 (EDGE COMIX)感想
映画観た帰りに買ってました。あーあ……。でもまぁ、予想以上に漫画が多かったから損はない。原画展行けなかったので様子を知ることが出来たのも良い。カラーとオフの紙質が違うから気軽に読めるのも嬉しいです。
読了日:2月20日 著者:中村明日美子
青年発火点 (ディアプラス・コミックス)青年発火点 (ディアプラス・コミックス)感想
だめだ好みすぎるこのカップル。ギドさんって小説書かせてもすごそうだな。そのくらい台詞がきらめいてる。とりあえずシリーズ制覇しよ。
読了日:2月27日 著者:雨隠ギド
カブキブ!  2 (角川文庫)カブキブ! 2 (角川文庫)感想
いくつかの伏線を張って物語を重厚にしているだけじゃなくて、痛快な本番がたまらない。しかもそれをライバル位置の蛯原視点で書くのがいいですね。途中、阿久津が主役かと思った(笑)。
読了日:3月2日 著者:榎田ユウリ
ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス)感想
中学生とは思えない木虎の達観ぶりに舌を巻く。ユズルとチカはふつうにくっついてほしい。二宮隊風間隊の隊室解説に涙……。
読了日:3月5日 著者:葦原大介
女王と仕立て屋 (ディアプラス・コミックス)女王と仕立て屋 (ディアプラス・コミックス)感想
忙しい仕事とか、男としての脆さなんかをしっかり見せつつ、テーラーでの二人のちょっと浮世離れした雰囲気が物語を華やかにもしている。まぁあの、好きってことです。この漫画家さんとは萌えポイントが極めて近い気がする。
読了日:3月12日 著者:スカーレット・ベリ子
BE BLUES!~青になれ~ 22 (少年サンデーコミックス)BE BLUES!~青になれ~ 22 (少年サンデーコミックス)感想
明らかに世代が変わっていく感。この漫画、こういう当たり前の温度差を描いてくれるところが好きです。ミルコさんと黒部先生のやりとり、燃えるなぁ。
読了日:3月12日 著者:田中モトユキ
プラスチックとふたつのキス 魚住くんシリーズ (2) (角川文庫)プラスチックとふたつのキス 魚住くんシリーズ (2) (角川文庫)感想
久留米への想いを自覚した魚住がかわいすぎる。二人を微笑ましく見守る周囲の中でも直球にけしかけてくる濱田のテクニシャンぶりに驚きました(笑)。誕生日の話は泣けたなぁ。
読了日:3月17日 著者:榎田ユウリ
ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE (ジャンプコミックス)感想
漸く全部読めた……。既発の寄せ集めや拾遺集ではなく、読むほどに作品と葦原さんが好きになれる素晴らしい本。特に303のQ&Aは設定や構想もかなり暴かれていて読み流しは出来ない。カラー扉はいつかまとめてほしいと思っていたので嬉しいです。
読了日:3月19日 著者:葦原大介
応天の門 5 (BUNCH COMICS)応天の門 5 (BUNCH COMICS)感想
カバー絵からのあの落差!勧善懲悪ではないけれど、基経ざまぁと思いました(笑)。道真というよりは、伴大納言の胆力と意地ですよね。高子とのたった一瞬の邂逅、胸が痛む。
読了日:3月25日 著者:灰原薬
映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days- 公式ファンブック映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days- 公式ファンブック感想
あまり雑誌を見ていなかったのでキャストのインタビューは読みごたえがあり、映画の各シーンもこれがまた観たかったというカットを収めていてさすが。キャラQ&Aを読む限り、夏也と尚は絶対にデキていると思う(笑)。
読了日:4月3日 著者:京都アニメーション・アニメーションDo制作
VOID-ヴォイド-VOID-ヴォイド-感想
これが18禁ってのは時代を感じざるを得ないのだけど、半端な形にせずこうした工夫で出版してくれたことは嬉しいです。というか普通に感動するBLでした。書き下ろしの甘々エッチはスルーできない。
読了日:4月10日 著者:座裏屋蘭丸
アブナゲ。 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)アブナゲ。 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)感想
クロと赤石もよかったのだけどやっぱり、爽迅が。たまらん。しっかり読める物語で絵が整ってて極上にエロい。自分のBL趣味は完全にこの人で作られてるなーとつくづく思う。
読了日:4月12日 著者:鹿乃しうこ
カブキブ! (3) (角川文庫)カブキブ! (3) (角川文庫)感想
自分でも驚いたことに、大詰で泣いてしまいました。やっぱりキャラが好きだからかな。普通の歌舞伎にも惹かれるけど、カブキ同好会のやつをそのまま観たい。新入生が羨ましい。
読了日:4月15日 著者:榎田ユウリ
きこえる? 小冊子つき特装版 (アイズコミックス)きこえる? 小冊子つき特装版 (アイズコミックス)感想
こういう王道BLは本当に心が安らぐ。BLinkの本は初めて読んだのですが、小冊子の橋本節を見るに天下の集英社がよくここまでやってくれたと嬉しくなります。
読了日:4月22日 著者:橋本あおい
明日のエサはなにがいい? (GUSH COMICS)明日のエサはなにがいい? (GUSH COMICS)感想
この人の得意分野が存分詰め込まれた1冊。その中での痴漢・方言H(三村と片桐)は新鮮でした。GUSHはテーマで作家の面白さを拡げてくれていると思う。
読了日:4月23日 著者:倫敦巴里子
ファインダーの密約 初回限定版 (ビーボーイコミックス)ファインダーの密約 初回限定版 (ビーボーイコミックス)感想
二人はすっかりラブラブだしシリアスも好きなのですが、この緊迫感で白抜きは萎えます。こういう展開だからこそじっくり読みたいのに気が散ってしまう……。
読了日:5月7日 著者:やまねあやの
BE BLUES!~青になれ~ 23 (少年サンデーコミックス)BE BLUES!~青になれ~ 23 (少年サンデーコミックス)感想
このゲーム中に意図を掴むところは流石龍ちゃん。レノンは勿論、ポールやコーメイら次世代の見せ場もしっかりあります。桜庭が目立たないと寂しいな(笑)。
読了日:5月18日 著者:田中モトユキ
恋友トライアングル (バンブーコミックス Qpaコレクション)恋友トライアングル (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
秘密結社の頃からずっと好きだったのでご祝儀買いしたのですが、西村の性格がかなり苦手でして……。3P自体はいいです。絵はさすがだけどやはり漫画に慣れてないかな。短編もあり。
読了日:5月19日 著者:イクヤス
最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 (角川文庫)最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵 (角川文庫)感想
海里がウザいのと、文体がちょっと苦手なのとで、シリーズで読む気にはならない。ただ難しいことは考えずにさらっと読めるサイズはおすすめできる。
読了日:5月19日 著者:椹野道流
メッセージ 魚住くんシリーズ (3) (角川文庫)メッセージ 魚住くんシリーズ (3) (角川文庫)感想
これまで休み時間にちょこちょこ読み進めていたシリーズでしたが、これは内容の深刻さと伝え聞く結末が気になって一気読みしてしまいました。何より著者の筆致がとてもいい。緊迫した場面での間の取り方は素晴らしく、伏線を丁寧に回収し、これだけ短い話なのに無駄がない。それにしても幸せそうなカバー絵が切ないです。
読了日:5月31日 著者:榎田ユウリ
過敏症 魚住くんシリーズ (4) (角川文庫)過敏症 魚住くんシリーズ (4) (角川文庫)感想
急にBL度が増してにやにやが止まらない。久留米ものすごいカッコよくないかこれ。ラブラブの一方で、過去をひとつひとつ解決していく短編群。
読了日:6月2日 著者:榎田ユウリ
ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 15 (ジャンプコミックス)感想
面白いなー。葦原さんって同時刻に複数の場所で戦わせてどれもドラマがあって本当にキャラクタを好きなんだなと思える。マジおこな那須さんの技が一番怖い。がんばれレギー!
読了日:6月3日 著者:葦原大介
レシピの王子様 (ビーボーイコミックス)レシピの王子様 (ビーボーイコミックス)感想
陰がありつつも屈託ない人柄で生き抜こうとする祥平、常識人の彗。ぢゅん子さんのベストカップルだと思う。これ私モテがなかったらもっと続いていたのかな。
読了日:6月5日 著者:ぢゅん子
ムダ毛男子 (BABYコミックス)ムダ毛男子 (BABYコミックス)感想
レーベルの傾向かもしれませんが、最近の新人さんは絵が似すぎているように思います。そんな中で地球防衛隊の話は必然性が全くなく(笑)、でもこのテーマの萌えはしっかりあり、楽しめました。
読了日:6月6日 著者:すなこ,ぶつめつ,それならミヤ,おまる,久保田,木ノ実むじな,おものやま,usa,すえひろ,安堂ろめだ,あぶく,よのだレク,ろむ,さとまるまみ
夏の子供 魚住くんシリーズ (5) (角川文庫)夏の子供 魚住くんシリーズ (5) (角川文庫)
読了日:6月10日 著者:榎田ユウリ
マザーズ スピリット (Charaコミックス)マザーズ スピリット (Charaコミックス)
読了日:6月12日 著者:エンゾウ
なまいきざかり。 7 (花とゆめCOMICS)なまいきざかり。 7 (花とゆめCOMICS)感想
静はこういう方向に行くのかぁ。それより隆北バスケ部がきらきらすぎる。こんなに脇役の存在感を上げておいてもう最後の大会なんて寂しい限り。成瀬はなんだかんだ体育会系。そこがいい。
読了日:6月20日 著者:ミユキ蜜蜂
ガチイキ挑発ナイト (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)ガチイキ挑発ナイト (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
読了日:7月1日 著者:イクヤス
ナルキッス (ビーボーイコミックス)ナルキッス (ビーボーイコミックス)感想
いつの間に二重人格にwwwまぁ面白いから許す。少女誌で描いていた人なだけに漫画の見せ方がすごくしっかりしている。脇役も味がある。あと身体つきのエロさもいい(笑)。
読了日:7月3日 著者:猫野まりこ
イナズマクリティカル 上 (gateauコミックス)イナズマクリティカル 上 (gateauコミックス)
読了日:7月5日 著者:楢山とおる
カブキブ! (4) (角川文庫)カブキブ! (4) (角川文庫)感想
新キャラが増えるのは物語上当然とはいえ、それぞれを立たせようとしてややオーバー気味。生島は歌舞伎界の人間なのでまだいいのですが、渡子の設定いらないだろう……。この子に共感できるような人は部活モノなど読むべきではないとさえ思います。
読了日:7月8日 著者:榎田ユウリ
P.B.B. (6) (ビーボーイコミックス)P.B.B. (6) (ビーボーイコミックス)感想
キレイに終わってくれて本当に嬉しい。8年前、この漫画によってBL街道に引きずり込まれたんでした。ハルトと能成が随分呆気ないけど、そうだやっぱり純佑と忍のドラマですもんね。PBBでしか描けない素敵な結末。ありがとうございます。
読了日:7月11日 著者:鹿乃しうこ
春待つ僕ら(5) (KC デザート)春待つ僕ら(5) (KC デザート)感想
今回は永久の表情がものすごく多く、あやちゃんのナチュラルイケメン度もハンパじゃない。美月の気持ちは決まってるけど、どっちを選んでも幸せそうでそれがまた切ない……とにかく盛り上がってきた!竜二のスイカ割りwww
読了日:7月14日 著者:あなしん
アイコン (ディアプラス・コミックス)アイコン (ディアプラス・コミックス)感想
なんか胸くそ悪い話だったな。病みとかヤンデレとか簡単に言うけど善悪のけじめがないだけだろって思ってしまう。自分には理解できなかっただけで、漫画そのもののキャラ立てやテンポはさすが猫野さんという感じ。SEXもエロで良いんだけどアへ顔苦手なんだよなぁ……。
読了日:7月18日 著者:猫野まりこ
チクBINGO (1) (ビーボーイコミックスデラックス)チクBINGO (1) (ビーボーイコミックスデラックス)感想
面白すぎる。新人とは思えないくらいギャグも冴えてるし絵も上手い。ただの変態の集まりだろこれ(笑)と思いきや、辻褄の合った物語に充実度がさらに増した。続き楽しみです。
読了日:7月28日 著者:伊吹アスカ
やくにゃん 天上天下唯我独尊編 (あすかコミックスDX)やくにゃん 天上天下唯我独尊編 (あすかコミックスDX)感想
話が広がりそうな新キャラ出てきたのにここで終わりは寂しいなー。ただ、面白かったんだけど、なんか好きじゃない絵柄になってきてる……。
読了日:7月29日 著者:右野マコ
ジャッカス! (ディアプラス・コミックス)ジャッカス! (ディアプラス・コミックス)感想
趣味じゃないネタ、趣味じゃないキャラ、なのに超絶面白かった。群像だけど主役二人がまるで霞んでいない。途中、友達のままでいいんじゃないかなと思ったんですが、とんでもないハッピーすぎますねお幸せに(笑)。いやぁこの作家さん大好きだわ。
読了日:8月2日 著者:スカーレット・ベリ子
同人に恋して (花音コミックス)同人に恋して (花音コミックス)
読了日:8月16日 著者:猫野まりこ
同人に夢みて (花音コミックス)同人に夢みて (花音コミックス)
読了日:8月17日 著者:猫野まりこ
強引作家と負け犬の初恋 (花音コミックス)強引作家と負け犬の初恋 (花音コミックス)
読了日:8月18日 著者:猫野まりこ
BE BLUES!~青になれ~ 24 (少年サンデーコミックス)BE BLUES!~青になれ~ 24 (少年サンデーコミックス)感想
表紙の印象がいつもと違っていいですね。龍だけじゃなく、武蒼サッカーが少しずつ変わっていくのが面白い最近。仕方ないけど矢沢出番少ないなぁ。ゲームはとにかく熱い!優希も一瞬熱い!笑
読了日:8月18日 著者:田中モトユキ
アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)
読了日:8月20日 著者:種村有菜
新装版 空の成分 (マーガレットコミックス)新装版 空の成分 (マーガレットコミックス)
読了日:8月25日 著者:桃栗みかん
お護りします、どこまでも (キャラコミックス)お護りします、どこまでも (キャラコミックス)感想
よくわからない話だったな。ネタもキャラも詰め込みすぎと思う。この人はカップルをゆっくりじっくり描く方が面白い。
読了日:9月3日 著者:ぢゅん子
ワールドトリガー 16 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 16 (ジャンプコミックス)感想
こんなエリートを手なづける陽太郎がすごいぜ。まだまだ面白いキャラが沢山いるB級。3つの隊はどれも隊長のために集まり戦っているのにカラーが全く違う。やっぱり注目は若きとっきーの髪形だろう(笑)。
読了日:9月3日 著者:葦原大介
秋山くん2 (マーブルコミックス)秋山くん2 (マーブルコミックス)感想
絵が変わってる。人物の顔がたまごっぽいというか(?)。シバの心情描写を軸にしていた前と違い、秋山くんがシバのことばっか考えてるのを覗き見ているような印象です。エロはかなり堂々としてて(笑)ばっちりだった。ペーパー3枚!
読了日:9月23日 著者:のばらあいこ
なまいきざかり。 8 (花とゆめコミックス)なまいきざかり。 8 (花とゆめコミックス)感想
完全にカップル化したことで町田のツンデレが成瀬の押せ押せを上回ってしまってる。町田家の人々はずっと気になっていたので嬉しい登場ですが、やっぱ殿村君や雨宮が出番少ないの寂しいな。
読了日:9月24日 著者:ミユキ蜜蜂
最果てのアムリタ (マーブルコミックス)最果てのアムリタ (マーブルコミックス)感想
収録作は全て知っていましたが、商業単行本でどこまで許されるのか見たくて買ったら大正解でした。絵がものすごく上手いのがとにかく罪作りです。おまけ含めた書き下ろしは絶対読むべきなので同人誌持ってる方にも是非おすすめしたい。
読了日:10月17日 著者:つくも号
吸血鬼と愉快な仲間たち 1 (花とゆめCOMICS)吸血鬼と愉快な仲間たち 1 (花とゆめCOMICS)感想
原作は読んでみたかったけど今更感から手が出せずにいました。冒頭は小説をなぞるようなネームが気になりましたけど、どんどん引き込まれていく。とりあえず次も読む。
読了日:11月12日 著者:木原音瀬
BE BLUES!~青になれ~ 25 (少年サンデーコミックス)BE BLUES!~青になれ~ 25 (少年サンデーコミックス)感想
いやぁ熱い!熱い!!一緒にスタンドで観ている気分になる。今回、みんなの別の顔が見られた感じで嬉しいですね。また窪ちんの目が3に……。
読了日:11月18日 著者:田中モトユキ
ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)感想
あまりにも面白い。キャラクターひとりひとりに踏み込んでも全く暑苦しく感じないのが葦原さんの好きなところ。今回も葉子と華さんの絆、城戸さんとの駆け引き、ゆかいな生駒隊など盛り沢山。迅のエプロン姿は不自然すぎます(笑)。そして何より王子一彰。人前で読めないほど笑った。あだ名もだけど自分の隊員すら時計って酷くないかwww 
読了日:12月2日 著者:葦原大介
仕事文具仕事文具
読了日:12月4日 著者:土橋正
俺とお前のジェラシー事変:BABYCOMICS (POE BACKS Babyコミックス)俺とお前のジェラシー事変:BABYCOMICS (POE BACKS Babyコミックス)感想
さすがBABYエロがすごい。でもこう、ギャグに振ってるところとピュアラブの加減が絶妙でとても楽しいBLです。てか表題CP34なの!? 絵柄ですが、最も懐かしく感じたのは攻の無造作ヘアでした(誰か解って)。
読了日:12月16日 著者:亞眼
コオリオニ(上) (BABYコミックス)コオリオニ(上) (BABYコミックス)感想
ついていけるか全く自信がなかったけれど、強烈な展開と本気の筆致に引き込まれて気づいたら殆ど一気だった。1話を2回読んで登場人物をしっかり覚えてから読み進めたのが良かったかな。二人を見守る側近(?)沖置がさりげなく重要な立ち回りをしてます。
読了日:12月17日 著者:梶本レイカ
春待つ僕ら(6) (KC デザート)春待つ僕ら(6) (KC デザート)感想
永久の決心を促すワンクッションにうまく瑠衣をあててきた。二人の昔からの絆を感じてとても気持ち良い話でした。あやちゃんも本気モードでどこまでも王子。そろそろCD来ると思ってましたが声優めっちゃ豪華だな。絶対買おう。
読了日:12月20日 著者:あなしん
Cl 1 / 菜園モノクロームCl 1 / 菜園モノクローム感想
ずっと待っていた本。ただの小品群じゃなく何やら深い話になっていく予感。保志君は三田君たちや今の自分をどう思っているのだろう。「菜園モノクローム」に見る陰鬱さというか切なさというか、この匙加減が水谷さんのたまらない魅力と思う。
読了日:12月23日 著者:水谷フーカ
男の縛り方、教えます。 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)男の縛り方、教えます。 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)感想
結構楽しみにしていたトンデモ本。絵は好き。修正のせいで画面が判りにくかったな。あと褌が物足りない(当者比)。他の短編も併せ読む限りキャラはしっかりしているし、今後に期待します。
読了日:12月29日 著者:沙槻
鳥の骨探―ダチョウ・ペンギン・アホウドリ・ツル・タカ・ペリカ (BONE DESIGN SERIES)鳥の骨探―ダチョウ・ペンギン・アホウドリ・ツル・タカ・ペリカ (BONE DESIGN SERIES)感想
良書!骨の写真も勿論だけど「骨ファンを増やしたいだけ」という著者の口上が巧みで、読み物としても凄く楽しい。チャプターの扉が何故か鳥の折り紙(しかも高難度)なのもいい。フルカラーの上、資料的価値を思うとこの定価は安すぎる。
読了日:12月29日 著者:松岡廣繁,安部みき子
ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)ハングアウトクライシス (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
マドラーで先っぽ弄るの超エロいなぁ。
読了日:12月30日 著者:おわる

読書メーター